FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次回の更新までの間、講演会のご案内を再度掲載致します。
(9月3日(日)開催の東京講演は席にまだ余裕があります。皆様のご参加をお待ちしております。)


先日もお伝え致しました通り、9月と11月の二回に亘り、東京と京都にて開催される講演会についてお知らせさせて頂きます。

これまでの記事の中でもたびたび触れておりますように、当イスファロン講演会は過去6年間にわたり開催を続けて参りましたが、これまで一般に告知することはほとんどなく非公開のうちに行われておりました。

過去20年間に亘る、日本、そして世界の聖地を巡礼する旅を通じて得られた膨大な量に及ぶ知識や情報を基に、私は現在まで“ある活動”を展開しております。ここでその具体的な内容については控えますが、私がこれまで取り組んで参りました聖地巡礼に基ずく活動は、既に個人レベルの枠を超え、宗教、環境、エネルギーなど、様々な分野を包括するほどの広がりをみせています。

当活動については、これまでブログ上では一切その詳細については語られたことはなく、現在は講演会中での説明に留め、世間上ではほとんど知られることのない水面下での活動となっております。

私がこの事業を取り組むそもそものきっかけとなったのは、今から20年程前、夫婦で山奥にあるとある神社をお参りしたことがそもそもの始まりでした。その日以来、私は数奇な運命を辿ることとなり、来る日も来る日も神社、聖地を巡る日々を送ることとなりました。その道程で、私は膨大な量に及ぶ神々からの“メッセージ”を受け、ある時、神々よりこの世界に“ある特殊な空間世界”を実験的に造りあげるという目的を告げられることとなります。私はその時以来、その“お告げ”によって示された、その空間造りを実現するための活動を現在に至るまで継続、展開しております。

“イスファロン”ブログは、その活動の過程の中で、今から7年前の2010年に世に発表した訳なのですが、このコンテンツはあくまでも本筋に導くための“呼び水”に過ぎないということなのです。(繰り返しますが、ブログ上ではこの本筋については一切語られておりません。)

普段、当ブログを読まれている読者の方には、こうした経緯を辿る私の“もうひとつの顔”の部分については、ブログ上からはなかなかギャップがあるため想像しがたいものがあることと思います。

その上で、当ブログ上での活動の表示の制限について申し上げますと、当活動の持つ情報とテーマは、おそらく、現時点において相当に未来を先取りする要素を有しており、逆にいえば、今の時代の規範には必ずしもそぐわない(早すぎるという点で、)要素も多分に孕んでいます。そのため、我々が取り扱う情報については慎重な管理のもと、現時点においては講演会会場による公開に留めさせて頂いております。(情報の公開については、現状、SNSなどのネットメディアを通じた不特定多数者への公開には耐えうる状況にありません。)

こうしたなかでの今回の講演会のお知らせとなるわけなのですが、この特殊な“空間世界”の建設にあたり、当活動が今後取り組むべき新しい“未来型の環境事業”の展開にあたってはまだまだ多くの人のご協力とご賛同の力が必要となります。そのため、少しでも多くの方々に当活動の趣旨をご理解していただくため、今回から講演会の一般公開を再開し、世間の方々に向けて当活動のもつ情報の公開に踏み切らせて頂くことと致しました。

その前に、講演会のご参加にあたってひとつ注意して頂きたいことがございます。日頃から当ブログを読まれている方で、“単にブログについての情報が得たい、知的好奇心を満たしたい、ブログに興味がある、面白いから”といった動機だけでご参加された場合、この講演会はおそらくご満足のいく内容とはなりませんので予めお断りさせて頂きます。講演会では、もちろん当ブログが取り扱うテーマについての解説も致しますが、当活動は部門毎に非常に幅の広い体系を持つことから、まず、その全体の体系をご理解いただくことが講義の最初の主なテーマとなるため、今回は主にブログ上で取り扱う情報や知識などを個別に解説する趣旨の講演ではございませんので予めご了承ください。

講演会上では、この“特殊な空間世界”の概要について、また、この空間を造るまでに至るこれまでの経緯について詳しくご説明致します。そこから見えてくる、、神々による“新しい神界”の創造と、今後の世界の潮流について当日ご参加される皆さんと一緒に考えて参りたいと思います。

ここまで読み進められまして、参加ご希望の方は下記に示した要項に従いましてお申込みください。
当日、皆さまのご参加をお待ちしております。

龍清拝

東京会場 

【 プロジェクト“イスファロン” 2017 夏 東京定例会 】
開催日 : 2017年9月3日(日)
時 間 : 18:30 ~20:45(開場18:15)
定 員 :30名(受付は先着順となります。)
場 所 :東京23区内の駅隣接の会場
              (※会場はお申し込みの際にこちらからメールにてお知らせします。)
参加費 :4,000円 (当日のみ)(※本日(8/29)より振込みによる受付けは終了させて頂きます。)
講演会終了後に懇親会有り (会費:3,000円程度 場所:会場近くの飲食店 時間:21:00~)

 
『プロジェクト“イスファロン”東京定例会』申込み用メールフォーム

(注意事項) 
①上記のリンク先の『メールフォーム』にて指定した各項目を明記して頂きます。申込みメール受信後、内容を精査した上、こちらから講演会会場の場所をお知らせ致します。
②【氏名】はハンドルネーム・匿名等は不可とします。(本名を明記)【参加志望動機】の欄は、当ブログの感想などもお書き添えください。また、参加志望を書かれる際、短文等の簡単な表記や無記入の場合、ご参加をお断りする場合がございます。(例:普段読んでいて興味があるから。情報が欲しいから。参加希望。など) ※志望動機ははっきりとお書きください。
③懇親会の代金は当日払いとなります。

京都会場 

【 プロジェクト“イスファロン” 2017 秋 京都講演会 】
    
     ~ 神々による“新しい神界”の創造 ~
開催日 : 2017年11月12日(日)
時 間 : 10:30 ~16:30 (開場10:00)
定 員 :50名(受付は先着順となります。)
会 場 : 京都国際交流会館  (代)075-752-3010
部 屋 : 第1・2会議室(1F)
参加費 :4,000円(振込)5,000円 (当日)
昼食代 :1,000円 ※希望者のみ
会場アクセス:京都国際交流会館MAP
講演会終了後に懇親会有り
 (会費:4,000~5,000円程度 場所:会場近くの飲食店 時間:17:00~20:00頃)

【京都講演会スケージュール】

開    場  10:00
第一部  10:30~12:30
昼    食  12:30~13:30
第二部   13:30~16:30 
懇親会   17:00~

『プロジェクト“イスファロン”京都講演会』申込み用メールフォーム

■京都講演会PDF
  
   京都講演会PDF 
※講演会に参加ご希望の方は、上記のバナーからリンク先のPDFからも申し込みができます。
 その際、”申込メールフォーム”(左下の赤字)よりお申込みください。


(注意事項) 
①上記のリンク先の『メールフォーム』にて指定した各項目を明記して頂きます。申込みメール受信後、内容を精査した上、こちらからお申込み確認のメールを送信します。
②【氏名】はハンドルネーム・匿名等は不可とします。(本名を明記)【参加志望動機】の欄は、当ブログの感想などもお書き添えください。また、参加志望を書かれる際、短文等の簡単な表記や無記入の場合、ご参加をお断りする場合がございます。(例:普段読んでいて興味があるから。情報が欲しいから。参加希望。など)※志望動機ははっきりとお書きください。
③振込みをご希望の方は、返信メールにて振込先をお知らせ致します。
④同伴者(紹介者)のご参加の際も、各人、メールフォームからお申し込みください。
⑤昼食のお弁当の申し込みは任意となります。(持参も可能)昼食をご希望の方は、メールフォームにてお知らせください。※但し、飲み物は付きません。
⑥昼食の受付は、講演会の10日前まで(11/3迄)とします。(お支払いは事前振込でお願いします。)
⑦懇親会の代金は当日払いとなります。(振込ではない)

嵐山”竹林”
京都市右京区『嵐山”竹林の小径”』(2017年8月22日撮影)

  精神世界ランキング
にほんブログ村     精神世界ランキング
ブログランキングに参加しています。
今日も“応援クリック”ありがとうございます


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。