FC2ブログ
この記事は前々回からの続きとなります。

(これから意味不明な、独り言のような呟きがしばらく続きますのでご容赦ください。)

これより、地上次元側への導入について、システムを担当する××(名前)です。
監察官の皆さま宜しくお願いします。

(監察官:各次元間における、主に時間軸の変調を監視、調査する監視員)

今から【隠密モード】に切り替わります。(サミット中ですよね、、これは本当に都合がいいい。。)

ミッションを開始します。

チャクラレベル、、5.69%に移行、、調整、、合わせ、、レベル6.295、、、

“上空”から、日本列島を俯瞰、、ここからの位置は次元的には、、9次元、、、(これは本当に隠密モードやね、、ミノフスキー粒子か、、)

日本列島

地上側では(6次元以下、、)、、うわ~凄いな龍の数が、、うじゃうじゃいるよ、、まるでドジョウかウナギがいっぱいの桶状態だね、、

♪ 雨、アメ、降れ降れもォっと降れ~ ♪

富士山周辺は、、入りましたね、、、皇居周辺、、問題なし、、ん?新宿副都心、、へ~、靖国の結界はこちらに遷したか、、考えるね、、そして、、伊勢内宮、、はというと、、封印、、宇治橋から、封印、、(ここからヴューモードを切り替えて3.245次元、、限りなくレベルを調整、、)、おっと!、、“拘束帯”を巻きつける、、御神体に、、ン?これは、、占拠、、内宮を占拠、、内宮の機能を一時的に停止させる、、(穏やかじゃないねこれは、、)、、でもこれは、、この機に乗じて降臨なんだね、、は~なるほど、、そうなんだよくできてる、、靖国の結界を動かし、伊勢の機能を一時的に“シャットダウン”させる、、その機に乗じて一気に降臨と、、九州地方の大雨が気になるところですが、、宇佐は相変わらず頑張ってるね、、鬼のような形相で、比売神様が何やらスゴイ出で立ちでいらっしゃる、、、手に何かもってらっしゃるの?、、京都の状況は、、完全に規制がかけられいます、、ここからでは現況はお伝えできません、、何やらものものしい雰囲気です。 おや?このお方は家康かな?、、徳川家康ですね、、そわそわしながら何やらこちらに訴えかけてきます、、。

もういい加減しろ、もうお前たちには用はない   

(この台詞は、、どなたの?、、この一万の部隊の正体ですが、、かつて天孫降臨をした部隊とはもう一つ別の部隊の一行です。)

この別働隊は、神武が橿原の地で政権を執ったのちに、封印をされました。それ以降、一度も表舞台には出てはいません。

やはり、平成天皇の退位式は本当のことでした。平成31年4月30日、この日をもって、神武天皇より続く2679年に及ぶ天皇の歴史は終わりを告げました。

天皇退位式は皇統断絶
天皇「退位」式は皇統断絶 徳仁《新天皇》陛下は、新王朝初代 
(詳細については、こちらの本をご参照ください。)

そして令和に時代が移り、、永きにわたる封印を解かれた、、、

“三万三千三百三十三”もの法力を兼ね備えた精鋭、一万の部隊

が、ご降臨されました

これは、瓊瓊杵尊を中心とする、天孫降臨の一行とは異なる別働隊の部隊です。
(ニギハヤヒともまた異なります。)

これから半月ほどで、この国の主要なところ(主に七ヶ所)が彼らによって次々と占拠されていきます。(具体的な場所の明言は控えます、、それにしても神宮が抑えられるとは、、ちなみに、三輪山は範囲には入りません → ここがポイントです。)

(神武天皇より託された、残された半分のタブレットの意味がここにきてよくわかります、、。)

さてと、いよいよ時間がきましたね。これでタイムオーバーです。

これより正式な【隠密モード】に入ります。

監察官の皆様ありがとうございました。 
システムの調整はこれから4日間かけて行いますのでお任せください。
これにて失礼します。 


“約束の時”、令和元年6月29日 午後1時19分を経過しました、、現在の時刻は、午後2時10分です。

これで全員降りて来られましたね、、一万人の精鋭部隊が、、。
(本来の天孫降臨を果たすはずだった部隊、、、)

この国はこれからどうなってしまうのですか?

この国ですか?、そうですね、、なるようになっていくのでしょう、、まあ、ご安心ください。

これからしばらくの間、ブログの更新はお休みします。
(この事案についての情報の開示は、4次元以下において、【かん口令】が敷かれました。監察官の弁。)

今日もここまでご一読いただきましてありがとうございました。

  精神世界ランキング
にほんブログ村     精神世界ランキング
ブログランキングに参加しています。
今日も“応援クリック”ありがとうございます


三輪山全景
奈良県桜井市『箸墓古墳より望む三輪山の全景』(2019年5月19日撮影)

令和の時代を期に、古代史がこれから次々と塗り替えられていきますね、、。

スポンサーサイト



(この記事は前回からの続きとなります。)


今日から明日にかけて令和最初の台風が列島を通過します。(→ 関連記事

(なかなか、いい感じですね、、)

この台風で、次元間の“曇りが一気に一掃されます、、そして、まもなく、、いよいよ、、降りてきすよ!

各国の指導者が大阪に?  

違います。

“三万三千三百三十三”もの法力を兼ね備えた精鋭、一万の部隊が!

この事態は、この国では凡そ3千年ぶりの出来事です。(正確には、2679年 → この年数は皇紀に由来します。)

大御神様はよく了承なされました、、三匹の龍は大神様にたしなめられて、甘ったれたかわいい猫のようです、、ゴロにゃ~ン。。。

かわいい龍
(龍の色は異なりますが、イラストはイメージです、、)

“レインボードラゴン”
は、、(お~なんと神々しい!!)、、その御魂は昇華されて、、13次元に御鎮座坐します。

虹色の龍

七、八、九次元に御鎮座の“長老”たち、、もうそろそろ場所を“空け渡す時”がきましたかね、、これまであなた方の存在が、むしろ“陰”になっていました、、そこから同時に“闇”も生み出しましたし、、(5次元以下は闇だらけ、、というかほとんど“暗黒街”、、)、、もう、そろそろいい加減に、、といったところです、、。

四次元領域、、3分2がこの一掃によって、、、これは直に、地上側では“お墓”に影響しますね、、永いこと土蜘蛛はここを根城にしていました、、これで多くの霊人たちが成仏しますね、、ん?、、これは靖国の結界にも及ぶのかな、、は~、、大村益次郎の結界、、う~ん、、ここは“別の場所”に遷すのね、、一時的みたいですが、、。

余談ですが、靖国神社の 大村益次郎の銅像にはある“特殊な結界”が張られています。その範囲は像を中心にしておよそ200m四方に及びます。(範囲は小さ目) → ここを一時的に移動する、、“おわかりになる方”は実際に行って確認してみてください、、。(この話は実は内緒のお話し。。)

大村益次郎の銅像
靖国神社 大村益次郎の銅像

これから次元間のロック(施錠)が次々と解除されていきます。

これは世界的な傾向として起こされていきます。

先の記事でもたびたびお伝えしましたが、この解除に呼応するように、これから地球規模に及ぶ地磁気の異常現象が引き起こされます。この事態は同時に、多次元領域にも甚大な影響を及ぼし、相当数の次元階層領域が消滅ないし解体されていきます。

この事態をもっとも憂慮し、その対策の必要性を訴えている“ある神様”がいらっしゃいます。
その神様は、、かの、、 “明けの明星 ルシファー”です。

ルシファーって、悪魔の超ラスボス、親玉やんけ。

はい、そうです。

この事態に対する対策はおそらく他の次元世界の追随を許さぬほど相当に進んでいます、、現在“魔界”では。。。

(魔界もなかなか面白いところなんですよ、、今度は魔界に“ダイヴ”してみましょうかネ、、。魔界といえば思い出す、、あの酒場の酒はウマい!絶品です。。)

まあ、この話しについてはこれ以上は控えますが、、(云えないことがいっぱいあります、、規制が厳しすぎて、下手に喋れば首が飛びます、、)目下、最も厄介で早急な対策が必要になっているある案件があります。

それは、 “沈没船”の回収問題です。(この問題は結構、厄介です。)

沈没船、、かつて超古代と呼ばれる時代、地球を開発に訪れた次元間を航行する工作船です。(出所の星は様々、プレアデス、シリウス、オリオンetc、、)

詳しくは言えませんが、その時代に地球規模の大変動が起こり、その変動に巻き込まれ、そのまま地球に取り残された工作船が、多次元上に取り込まれたまま難破船のように、今も沈んだままの状態で漂っているのです。

この難破船は、その後、地球の次元階層の一角を占めるに至り(ある種の“霊界”を構成。)、乗組員はそのまま地球に居残り、魂が地球に帰化した宇宙人たちが“神宇宙人”となり、(『ドラゴンボール』でいえばナメック星人)彼らは自らを地球の“ガーディアン”と称し、人類を指導する立場として今も“神”として君臨しています。(先史時代に見られる、“宇宙人壁画” (→関連画像))※ただし、西暦2000年頃を境に、ガーディアンの数は減少しています。

ナメック星人
ナメック星から地球に移民したナメック星人の“神様” (『ドラゴンボール』より)

このような例のように、当時、地球に移り住んだ宇宙人は大勢存在し、現在もこの星の神様として崇拝されています。(→ 関連記事

さて、問題はこの難破船なのですが、この星で最大級のものは、現在中米~南米のある空間領域に今も“鎮座”しています。(メキシコのポポカテペトル山のものが有名 → 関連記事)因みに、この難破船は日本にも何隻か存在しています。(過去に御神業でこの難破船の救助のミッションに参加したことがあります。詳しい場所は言えませんが、東海地方の或る山奥の次元ポイント、、他にもありますが、世にいう“UFOの基地と呼ばれる領域の多くは、この難破船の座礁域に該当します。このポイントではUFOはよく出没します。→ それも現在では減少傾向)

結論から申しますと、この難破船は現在の地球規模の変動を前に、全てを一掃してしまわなければならない状況がおきており、それは急務であるということです。(ここが、目下ルー様のお悩みどころ、、)

疑似的な位相空間領域、、人類への精神への影響、、前頭葉から松果体、、(ふ~ん)、、この難破船からあぶくのように≪宗教≫なるものが生み出されていきましたね、、ここ1万年くらいは、、特にここ4千年は酷い、、これはもう一掃しないとダメですよ、、ね!、、7、8、9次元の長老衆の皆さま方。。。(長老衆、、元、宇宙人の方々です。。)

さて、降臨のタイミングですが、、6月29日(土)、時間は午後1時19分、、間もなくですね、、この件についての情報の開示は、これより隠密モードに切り替わりますので、、しばらくの間言及は控えさせて頂きます、、サミットの後は、すぐに選挙ですね、、楽しみですね、これからこの国がどう変貌を遂げていくのか、、。

今日もここまでご一読いただきましてありがとうございました。
(台風の進路にあたる方は、くれぐれも風雨にご注意ください。)

  精神世界ランキング
にほんブログ村     精神世界ランキング
ブログランキングに参加しています。
今日も“応援クリック”ありがとうございます


アフ・コテリクのモアイ
チリ領 イースター島(“ラパヌイ”) 『タハイ遺跡 “アフ・コテリクのモアイ像”』(2018年4月20日撮影)
この写真は昨年4月、南米チリにあるイースター島を訪れた時の写真です。逆光のため、モアイ像はシルエットのみですが、この像は島で唯一、一体だけの“目”が嵌めこめれたモアイ像としてとても有名な一体です。私はこの島の秘密をいつ明かすことができますでしょうか、、。

ちょっと、独り言、、

難破船の問題を一気に解決する鍵となる“ある方法”がこの島には眠っています。ただし、その策を執行するとなると、地球規模に至る巨大な天変地異を誘発します。なので、どの次元存在も(魔界でさえも、、)この島には手を出しません。その方策ですが、私にはある程度のことは理解していますが、それはとてもとても無理なお話しです、、クワバラ、クワバラです、、。

北斗七星の結界に護られる日本列島、、、


                         

                     

                     
                          
                                                                
                                 
                   
                   ★        
                     本
                      
                     
                             
                      
                     
                     列                    
                                  
                  
                                
             

                       島
                             

                           
 

                    【4.125次元 ~ 5.111次元】     

               次元調整開始、、、△、、、、、、、レベル3.333%、、、

           レベル6.129%、、(進捗ゲージ、、)、ここで~、、シンクロ、、フィクス!
       
                    天皇の王冠、、チャクラレベル9.78   

(お~!いい感じ!これは使える、、今度の天皇さんは流石やね~、ちょっと使わせて貰いますよ、、)

三体の龍神、、白龍、、黄龍、、青龍、、天皇を守護する三体の龍が揃う、、富士の上空、、七、、八、、九次元空間に調整、、(ここのチャンネルは流石に使い古されてるね、、出入りが激しい、、よし、、それならここに合わせてみるか、、7.7次元空間、、ここもダメ、、8.2次元なら、、よし、ここから侵入開始!、、ここを護る4人の行者さん、すみませんね、ちょっとだけ如意を拝借しますよ、、では開始します、、次元空間内ロック解除、、3.2456%でダイヴ、、イン!)

さて、龍たちよ、これからいう、私の言葉をよく聞くのだ!

永いことお前たちが、ここを護っているがなぁ、守りすぎているために、他の通路を塞いでしまっているのだぞ、わかるかぁ、これをみろ!


地上約三万ヶ所の墓地を根城に巣食う、、、、!


ここ3千年間から5千年間、お前たちがここを塞いでいるせいで、いつまでも出られないでいるのだぞ~!

(京都は特に酷い、、あの≪碁盤の目≫は、まんま土蜘蛛の巣やね。。)   

土蜘蛛
土蜘蛛

こいつらを追い出さなければ、いつまでもこの仏様たちが降りて来られんのだぞ~(少なくともここ三千年。。)

お前たちがいつまでもそこにいるからな~ 地上はいつまでも塞がれたまんまじゃ~

早くそこをどけてくれ~  

頷く三体の龍神、、これから協議に入る。
(角が強力やね、、そういえば、この龍たちはそもそもが日本の龍じゃないんだよね。。)

第一スポット、、白龍守護結界、、皇居周辺空間霊域

白龍  皇居上空
白龍               皇居空撮

第二スポット、、黄龍守護結界、、富士山周辺霊域


金龍  富士山空撮
黄龍                       富士山空撮

第三スポット、、青龍守護結界、、京都周辺霊域


青龍  京都空撮
青龍                  京都御所空撮

(これから4日間のうちに龍神からなんらかの“反応”がある。)

【三万三千三百三十三】もの法力を兼ね備えた仏の精鋭部隊、約一万が地上に降りてくる、、、時期は、、7日以内!、、意外と早いね、、

さて、、この国の沽券はズタボロにされまくって久しいね~、、いつのまにか。この国はこの国であること自体が適わなくなってしまった、、流石にこれでは浮かばれないよね、、この国の本当の魂は哭いていますよ、、もういい加減にしましょう、、そこで、、この“連鎖”の流れを逆手に取ることにする、、“迎え火”が如く、、。

ん?誰、、この人?

(このお方は神武天皇?、、指示が送られてくる、、お~来た来た、、これはこれは神武さん、、)

怒ってるの?、、泣いているようにもみえる、、

オオナムジ(大巳貴命)が邪魔をするのでな。

この仏たちを地上に降ろしてはならぬのだ。

なぜ、、なぜなのですか?

奥の手? 日本を最後に取り戻すための奥の手、、。

それは今なのではないですか?(サミットも近いし、、)
奥の手は最後まで取っておくもの、、なるほど。。
でも、もういい加減、限界じゃないですか?、この国は、、神武さん。

そうである。


でしょ。

それなら、使いませんか、、奥の手を、、


そうか、、私は何をしていたのか、、


(何故か、前方後円墳の造営の映像を見せられる、、ん、、これは目を疑う光景です、、)

先ず古墳となる敷地に池を張る、、上から、、古墳型の“型”を一気に押し付ける、、そして、後から整形する、、なので工程期間そのものは思ったよりも早く完成する。因みに、仁徳天皇陵の場合は、、(え~!、、3ヶ月!、マ、マジで!?たった3ヶ月、、あらあら、、)そして型は、、目に見ない空間に一瞬にして型を造り上げるシステムのようなものがあるようです。(まるで手品をみているかのようです。UFOの仕業のようにも視える、、)

仁徳天皇陵
仁徳天皇陵(大仙陵古墳) こ、これがたった3ヶ月で、、、

そしてなぜ、古墳を見せられたかといいますと、古墳の土台部分には“あるもの”が型を押し付けるよりも前に埋められており、それが神武天皇にとってとても大事なもので、、かつて神なる存在(宇宙人?)からなんらかの約定がしたためられたタブレットのようなものが埋められており、そのタブレットには、、こう書かれている、、、

「我々は人類を導く。 ××になるまでの間。」

(ここが一番大事な文言ですが、、××がどうしても読み取れません。)

それでは私はこうしようと思う。

な、何をなさいますか!?

(タブレットを割った、、壊した、、真っ二つに!)

これでよい
わたしは、元いた場所に帰らねばならん。さらばだ。私を追うでないぞ。


そ、そんな、、。


どうしても、これを欲しければ(使いたければ、)お前にこれをやろう。

でも、もう壊れてます、、。

使えないものを渡しても仕方がないな。これは、ある国の王からもらい受けたものだ。
私はこれを得たことで、この国の王になれたのであるぞ。

そうなのですか。

そうなのだ。
これがなんだかお前にわかるか。

いやあ、、私には皆目、、何かのタブレットですか?

お前には割れた半分を持っていてもらいたい。
いつの日か私が戻ってくるまでの間、その半分を大事に持っていてほしい。
その時が来るまで、さらばだ。

そういうと、残りの半分を持ったまま、神武天皇は行ってしまわれました。

字は、、何かミミズが這ったような文字が書いてあります。(これは神代文字ですね、、)

(少々、疲れました、、もしかすると、このタブレットが“金鵄”に相当するものなのかな?)

神代文字
神代文字(『阿比留草文字』) (→関連記事
タブレットに書かれた文字は、この字によく似ています。

龍は、、どこに、、

北斗七星と龍

三体が一体に視えます、、合体したのか、、、ほ~ 龍が一体化して“北斗七星”の形に変化しました。
(何か、神々しいです、、思わず手を合わせてしまいます、、そして龍の色は、、虹色、、レインボーです!)

虹色の龍

皇居富士京都、、三ヶ所のゲートは開きましたか、、、五日後、、となると6月29日(土)、時間は午後1時19分までに、、【解除】、、そうなると、、大阪サミットの期間中になりますね、、そこに、三万三千三百三十三もの法力を兼ね備えた仏の精鋭部隊、約一万が降りてくる!、、のかな?、、いや、降りてくると信じましょう!この国を本来のあるべき姿に取り戻すために、、。

レベル4.389%、、次元干渉領域をチェック、、(よく精査して、、)

この三ヶ所の霊域は、この国にとってこれまで大きな重しになっていましたね。(天皇が中心に関わってくる、、)

いよいよ、この重しが取り払われる時が到来したみたいです。因みに今年は、富士山は崩落のために山開きの日には登れないのです。私にはこの状況がよくわかります。(→ 関連記事)富士山は本来はお祭り騒ぎのようにやたらめったら人が足を踏み入れるお山ではないのです。

日本列島上空を横目に見て、これまで覆っていた薄い膜のようなものが晴れていく様子が視えますね、、そこにこれまで次元間の連絡が遮断されていた、ある領域の霊人たちが地上に舞い降りてくる、、そんな光景が目に浮かんできます。

このブログも、いよいよ大きな“改変”の時を迎える時が近づいてきたようです。これから数回に渡って、これから始まる新しい展開についてお話ししていきたいと思います。

昨日、伊豆で起きた地震は“狼煙”のサインです。キーとなる数字は“22”です。(新潟地震22時22分、伊豆で起きた地震19時22分

これから、次々と多次元空間のロックが解除されていきます。
令和はなかなか面白い時代になりそうです、、。

今日もここまでご一読いただきましてありがとうございました。

  精神世界ランキング
にほんブログ村     精神世界ランキング
ブログランキングに参加しています。
今日も“応援クリック”ありがとうございます


橿原神宮
奈良県橿原市『橿原神宮』(2019年5月19日撮影)

こんな“月”が出ちゃってますね、、。

6月19日の月
2019年6月19日撮影のお月様

完全に次元間の回線が≪ロック≫されています、、これは前後不覚に陥る。。

毎年そうですが、6月は本当に“サタン・マンスリー”ですね、、悪魔さんたちの“ご活躍”がスゴイです、ここぞとばかりです。。

ただ、年々ですが、≪魔≫のレベルの度合いが増してきています、、今年は去年の比ではないですね、、。

((う~ん、、、月見団子でもお供えしましょうかね(笑)))

少々独り言ですが、日本のハロウィンのバカ騒ぎはいい加減やめていただきたいものです。ハロウィンの前後、特にその翌日は巷に≪魔≫が異常にはびこってとんでもないことになっています。これが最近、出雲大社の11月に毎年行われる『神在祭』にも影響していることが分かりますか?本来のハロウィンは子供たちのためのお祭りです。このお祭りは子供が中心であることが大事なお祭りなのですが、この国の場合、本来の意味が失われていますので、悪戯に魔を“召喚”しているだけで(しかも性質の悪い、、)本当に滅茶苦茶です、、迷惑極まりないです。(本来は、もっと静かなお祭りなのですよ。ひな祭りで大の大人がどんちゃん騒ぎはしないでしょ。)

18日に新潟、北陸地方で地震が起きました。

これは私が前々回の記事にてお伝えした地震予告にほぼ該当するものです。

分解すると、、

2019年6月18日 22時22分発生 震度6強 M6.8 → (2+1+9=12)66 / 6月 / (18日) 666 / 6強 / M6.8 →  6 6 6 6 6 6 6 6 →(なるほどね)、、、そして、“22”の並びは、22日の夏至の日を暗示しているのでしょう。

予告した時期にはまだ至っておりませんが(6月末から7月上旬)、また発生場所は首都圏とお伝えしましたが、ほぼ、今回の北陸の地震は予告に該当するものとみなして相違ないものと思われます。

ただ、首都圏での地震ですが、まだその可能性がなくなったわけではありません。(まだ、くすぶっています。)

それに、“連鎖”による事故、事件は依然として続いています。
(ほぼ毎日ですね、、17日もありました。)

2019年6月17日 東京都町田市 歩道を歩いていた小学生らの集団に乗用車が突っ込む。7歳の小学生女児2人と50代女性、5歳の男児がけがをして病院に搬送された。 60歳容疑者「意識失った」 

※今回は一連の連鎖による事故、事件の列挙は割愛します。(ほぼ、毎日のようにどこかで起きていますので、、事態は本当に深刻です。)

繰り返しますが、この連鎖は必ず地震に結びつきます。近いうちに“次”が起こる可能性は依然として継続していますのでご用心ください。

▲○226△●、、、チェック、、▲△、、226、、○○○、、、

6月19日の月

(う~ん、これは、、)                

レベル3.222117%  チェック

(よし!)

チャンネル回復しましたね、、、、

(え~、いま、こうなってんだ、、これって、集団自殺?) 

なんかすごい映像ですね、、これってレミングの行進ですか?

今の世の中が、このまま進むとその方向に向かうということですね、、というかすでに向かってる?

(そこらへんを漂っている一匹の魔に訊いてみます、、)

おまえ、何、悪さしてんだよ

それが仕事なので。


そうだろうけど、こっちは迷惑してんだよ。
いい加減にやめろ!


仕事だから


(あ~、、こいつの目線の先にはこんな図形が掲げられている、、、)

フリーメイソンのマークによく似た図柄の何かのサイン?のようなもの

沼津市マーク
こちらは、静岡県沼津市の市のマークとなります。図柄はこれと非常によく似ています。
(※記事内容と沼津市とは関わりはございませんので念のため。。)

我々は失敗するわけにはいかぬのだ。
これが、、
  (“マーク”を見せられる)


(これ以上は危険だね離脱します、、そう、本来、悪魔とは口を聞いてはいけないんだよね、、。)

連鎖による一連の事故はこのあたりに要因がある?、、事故はブレーキ痕なしで突っ込む事例が大半、、しかも子供たちを狙って、、レミングの行進との関連は、、

6月が過ぎれば少しは落ち着くものと思われますが、今年は特に魔の動きが活発ですね。(もともと6月はそういう傾向の月なのですが、今年は異常です。。)

次元崩壊、、 この月を眺めているとこんな言葉が浮かんできました。

地磁気の異常による重力の変異が多次元上にもなんらかの影響を及ぼし、その結果、次元間の崩壊が起こりうる状況にあるようです。(→ 関連記事

(彼らの方が認識は進んでますね、すでにその為の対策としての準備を始めています、、認識力は人間よりも遥かに上です。)

次の9月が山場になりますが、“次”なる地震が起こる確率は85%、震度は6強前後、、場所は、、東日本です、、南海トラフ、、つまり西日本側ですが、そこはまだ少し余裕があります。いずれにしても9月までが山場です。

お、ルー様、、へ~、、次の準備を進めていらっしゃいますね~、、なになに~、、このシナリオは、、 『第二回“ノアの洪水”計画』に関する企画書ですね。“双方”の犠牲者が、、うん、うん、、おっと、、これはまだ見ちゃだめだね、、怒られちゃう、、。

(ちょっと、独り言、、)

かのお方ですが、、ムーが最後に沈んた時、ムーの王が最後に唱えた“スペル”(呪文)をかのお方の魂はご存じでいらっしゃいます。このスペルを、、伊勢神宮の、、A宮 → B宮 → C宮の順番で唱え、、それから出雲大社で××すると、、そこで、、この例のマークを使うことで、、この国はいともたやすく分裂します、、それを嫌うアメリカは、限定核を日本に使いたいところですが、この国はすでに福島で核攻撃を受けているので、、(この国はあまりにも核攻撃を受け過ぎました、、)、、結果的に、、なるほど、、やはり天皇陛下は救世主ですね、、ただ、それは同時に≪反世界の王≫でもあるので、結局は“指パッチン!”、、、この流れを抑えているのが、熱田神宮です。(名古屋は強いね~、、南海トラフはもうしばらくは大丈夫ですよ~)

それでは、今日のところはここまでとさせて頂きます。

新潟、北陸の地震で被災された方々をお見舞い申し上げ、復旧が一日も早く進みますようお祈り申し上げます。
(合掌)

今日もここまでご一読いただきましてありがとうございました。

神田明神
東京都千代田区『神田明神“茅の輪”』(2019年6月17日撮影)

⑲  2019年6月4日 福岡市早良区 81歳高齢ドライバーが逆走 多重事故で5台衝突9人が死傷。時速100キロで歩道に突っ込む ブレーキ痕なし(→ 関連記事

(この国はどうやら“バチ”があたってしまったみたいですね、、しかもこれは相当厄介なアカンやつ、、、)

月との座標軸、、修正値±4.00007%、、、オールグリーン、、、ダイヴ!、、、(少々ノイズが、、)

ミッションを開始します。

前回の記事の地震予告で地震は首都圏って言いましたね、、書いた瞬間にここで少々ポイントが“拡散”しました。その結果によるものなのか、一昨日に起きたこの地震は、、、

6月4日午後1時40分ごろ、東京・小笠原震度4の地震があった。気象庁によると、震源地は鳥島近海で、震源の深さは約440キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.1と推定される。 (→ 関連記事

一昨日に起きたこの地震、、、記事中の地震予告の“先を”読まれましたね、、、小笠原震度M6.1深度440キロ、、、小笠原って東京都(首都)なんですよね、、こちらに流したか、、この地震が予告に対しての“ポイントずらし”の地震であればいいのですが、、、(震度4程度には収まってるし、しかもM6、深度は気になるところでしたが、、これはかなり深い、、)、、、ただ本震の“予告編”ということもありえるしね、、、え?一週間以内に結果が出る、、、(なんだろう?)、、、太平洋上で首を横に振りながらうろたえている着物を着た女性の一団が視えてくる、、昨日の震源のあたりか、、、これって、三嶋の神様のお妃さまの方々じゃないの?(三嶋大明神の六柱の妃神)、、、こちらの方があまりいい感じはしない、、それにまだ予告の可能性は依然として消えてはいない、、、福岡の事故もこの地震の後に起きている、、お妃、女神、海、福岡、宗像三姉妹、、考え過ぎかな、、。

(すみませんが、ここから先は読者の方は少々“置いて”いかせて頂きます。記事内容についての解説、説明はほとんど致しませんので、今回の記事は無理に読まれる必要はありません。“こりゃついていけんわ”と思われたらスルーしていただいても構いません。)

皇居上空より敷地全体を見下ろす、、落ち着いてますね、、何も問題はない。【剣璽の間】(→関連記事)に向かう、、特に問題はない、、蛇?、、いやか、、まとわりつく感じでしっかりと剣と璽を守護されている。

皇居上空
皇居上空俯瞰画像

(う~ん、やはりそうか、、ここ一連の出来事は端的に言えば、、つまり“一掃”なんだよね、、)

時間を巻き戻すと、、この写真の日は、、、

剣璽動座(2014年3月25日)
剣璽動座(2014年(平成26年)3月25日)

そして、、この写真は、、

剣璽動座(平成31年4月17日)
剣璽動座(2019年(平成31年)4月17日)

この【剣璽動体】について、そもそもは、いずれも平成天皇が伊勢神宮を参拝された時のもの。

(おっと、、また“ちょっかい”がきましたね、、でも無視、無視、、あれ?、今回はいつもと違う、、これは人だね、、、人物を差し向けたみたいだね、、まあいい、先を急ぐ、、この人、、手に短刀をもってるの?、、、ここから先のミッションは強制終了もありえるか、、まあいい、、無視、無視。。)

今、起きてるこの日本の状況、、出雲系が騒いでる?、、出雲が騒がしい、、、(これってこの人が教えてくれてるの?短刀を携えてる人が、、)   そうか、、そうか、やはりそう、、なのか?、、え~~!(驚)、、連鎖を引き起こしてる本質的な意味合いは“取引”、、、???、、、出雲系と天孫系との取り交わし?、、、なんのための?、、、(よくわからんが、確かにこれは首を突っ込んだらやられるね、、、笑、、この件についてのこれ以上の言及は控えます、、こわい、こわい。。)

もう、これは“直接掛け合う”しかないみたいだね、、、さてと、、“入口”はここか、、ここから進入を試みる、、果たして入れてくれるかどうか、、▲▲▲コード227●●● レベルチエック、、クリアー、、
たのも~!
伊勢内宮
皇大神宮 内宮 宇治橋を渡った先の参道 ここが“入口”(2019年1月10日早朝撮影)

(お、、入れてくれた、、。)


大神様、大神様、、どうなされますか、この状況を。


捨ておきなさい。 
私は“渡す”と決めております。


新たなるスメラミコト様にですか?


そうである。

で、どうなりますか、、御国は?


どうにもならぬぞよ。


え?、、どうにもならぬとは、、?


(たった今、大神様は私に“御鏡”を見せられました。)

あ~、、鏡には日本列島全体に巨大な龍が巻き付いている映像が映ってますね、、

巻き付く龍
“巻き付く龍”

これである。


はい、、大神様


これで大丈夫であるぞよ。


はい。


つまり、新天皇様は新世界の王として、君臨されるということですか。

そうである。

(ふ~ん、、)


でも、よく見ると、どこか西洋のいでたち風ですね、、特に身につけられた勲章とかバッジとか、みんな西洋のものですね、、、
(日本的なものが何も感じられない、、どちらの国の貴族の方?といった感じです。)

ただ、ものすごく高貴ですね、、本当に権威のある王としての本物の気品と輝きが感じられます。(これが正に天皇というものか、、トランプなどは芥子粒にもならないほど、、した~~~の方にいます、下の下の下です、問題になりません。)

これ程の高貴なお方を、<政治>などという俗悪極まりないものに委ねてしまってよいのですか、、。

(あ!、、この映像、前にも視たことがある、、、)

日本に巻き付いた龍神が宙を舞っている、、龍の視点から下界を見下ろすと、、(もちろん、、)龍の巻き付いていない素の日本列島が視えてくるのですが、、、あれれ~

日本列島

日本の各地から事件や、事故、あらゆるトラブル、喧噪諸々が視えてきますし、聞こえてきます、、(うわ~これぞ正に連鎖の押収、、)

なるほど、、そうか、、この天皇様は本物の天皇になられる御方ですね、、スサノオの再来、、つまり本当の“蘇民将来の再来”でしょうか?

ただ、それに合わせてこんな映像も視えてきました、、

人類滅亡
“人類滅亡の図”

やはりそうか、、スサノオは同時に“サノスでもあるんだよね、、、


  
       “素 戔 嗚”   

サノス
            “サ ノ ス”

・オ + 
ス =(似てますね、、多次元上では両者はほぼ一体です)

蘇民将来の子孫は繁栄し、巨旦将来の子孫は滅ぼされる、、、“指パッチン!”

(蘇民将来と素戔嗚神→
関連記事

大神様はお笑いになられています。(微笑みよりはちょっとお強い、、)

あ~、なるほど、この新しい天皇様は“救世主”の再来ですよ、、正に復活したスサノオの化身=蘇民将来であり、、そして同時にサノスでもある、、、“指パッチン!” 

(そういえば、確か天津教では、新天皇は救世主とみなされているんでしたよね、、以前から、、。)

ただ、同時に究極の鬼神でもあるので、、、“指パッチン!” で、、

人類滅亡

こうなります、、それも、もう間もなく。。。

大神様、、、あれ?、、、

龍神が天上界に還っていく、、すると、、日本列島は“がら空き”ですね、、、連鎖の押収がさらに、、

なるほど、、このがら空きの日本に救世主が再来するのですね、、、そしてゲームはいよいよ“ジ・エンド”を迎えるという、、つまりそういうことですね。縄文の終わりから、弥生~現在に至るまでの時間軸の流れが終わりを告げる、、つまり ジ・エンド”、、そして天皇も、、正に、、“ラストエンペラー” 

これぞまさしく、、

    『アベンジャーズ エンドゲーム!』

『アベンジャーズ エンドゲーム』

し、失礼しました。。

そうか、ならば、剣璽動体に伴う、一連の連鎖による粛清も頷けるというものですが、、

ん?
、、、え、、?、、粛清、、今、私、“しゅくせい”って言いましたよね、、思わず書いてしまいました、、無意識で、、ものすごく嫌な感じがします、、それに恐い、、おそろしい、、、この一連の連鎖は神による粛清、、、なの、、、か?

でもここはちょっとおかしいです、、これは本当に粛清なのか?、、ここは違和感を覚えます、、でも私は前回のブログでこうも書いた、これが日本存続のために必要な“お約束”であると、、(すみません、少々混乱気味です、、)

大神様、、、畏れながら、、粛清とは、、どういう、、

もう決まったことなのよ。 

決まりましたとは、、、一体、、。

私の方をしかっりみて。

お茶碗にお水を注がれる大御神様。
そのお茶碗を手に持たれて、、天皇に差し出される、、。


はい、、水(すい)なり

天皇はお茶碗を受け取ると、、注がれたお水をじっとみつめ、、、

(ああ、、なんと、、)


茶碗をひっくり返して、お水を地面に棄てた、、

それをみた大御神様は、、

お口もとにうっすらと笑みを浮かべられて、、
くるりと背中を向けられたかと思うと、するすると小高い丘の上に登られて、、そこで、、


私の意志に逆らう者は決して許しません。 
たとえ貴方であっても!


そう仰ると、大神様は、、大きな龍の頭を抑え込み、片手で角を握りしめると、、

ここは私の国、、わらわの国じゃ、、

そう仰せになられると、、丘の地面の中から無数の蛇が現れ、、うじゃうじゃと、、

わらわの国をよくも!!

天皇はその光景に対し、ただ、深々と腰を折りひれ伏したまま、、そのままくるりと反転して、その場を立ち去って行かれました。

(お話の途中ですみません、、今のこの場面から、一連の連鎖についてひとつ気が付いたことがあります。)

そうか、なるほど、、剣璽とは、“主”のあり方に対して、そのレベルに応じた反応を示すものなのか、、、(うまく口ではいえませんが、、)この感覚は、、本当に“感覚的”によくわかります、、今の国の体制の在り方では、、剣璽としてはこのような反応を示す、、しか他ない、、、

つまり、これって、、そう!

ソーハンマー
ソーの“ハンマー”!

(ちょっと
脱線デス、、)
ソーのハンマー、“ムジョルニア”は神秘の力を秘めた魔法のハンマー。ハンマーはソーと同等以上の高潔な心を持つ選ばれし者でなければ持ち上げることはできない。ハルクほどの怪力をもつ者さえも、高潔な心がないことでびくとも動かなかった。→ 剣璽も同様に、所有者である主(天皇)の心根にその働きが反映する。 (→ 関連動画


、、、わかりますでしょうか、皆さん、、、“よーわからん”、、は、はい(笑)。。。

 神様 = 剣璽 ≒ or ≠ 天皇 < 政治 = 負の連鎖(国民)

つまり現在はこういう図式になります、、、(わかるかな~)

ちなみに本来のあるべき姿は、、

 神様 = 剣璽 = 天皇 > 政治 = 正の連鎖(国民) 

この図式は、ひとつの神権を与えられた血統者に対する、ある種の“決まりごと”のように思われます。(この見識は、日本の天皇家だけの問題ではないのでしょう、、凡そ国を預かる君主たる者は、、。)

神様、、レガリア(剣璽)、、天皇、、政治、、国民、、、
今、この国の中で、この相関関係にどこか歪みが生じていているようです。

これが全ての真相です。

そして、先の“粛清”の問題ですが、、

分かりやすく言えば、“悪しき根を断つ”ということなのでしょう、、言い換えれば、 一掃、、禊祓(ミソギハラエ)、、または神罰ともいう。ただ、正常ではないです、あきらかに、、この負の連鎖はどこかに欠陥があっての結果です。

え?

これでいいのです


え、、?、、これでいいのですか?、、、本当に?

大丈夫、スサノオが全てを綺麗にしてくれるから、スサノオが、、。


本当に“指パッチン”ってこと?


(とにかくこの問題は根が深いです、、ああ、なるほど、、そうか、、ここはやはりあの問題ともリンクしてくる、、平成最大の事件を引き起こした、、あの団体と、、) ※この件(くだり)についてはまた別の機会に論じます。

いま、大御神様はたいそうご立腹であらせられます。

このお怒りは、、瀬織律姫 = 天照皇大御神荒御魂 = 素戔嗚尊  に通ずる、、。

天皇の存在は、この時代にあって、やはり(主に欧米の、、)闇なる存在たちのに操られ、その権威はただ利用されるだけの運命にあるのか、それとも、更にその上を大きく俯瞰した、真の天皇として、そして天皇本来の使命である“神の代行者”としての権威を自らの意志で執行されるのか、、これからこの国の、そして世界の命運をかけた“最後の戦い”が始まろうとしています、、。(本当の“エンドゲーム”の始まりです、、。)

令和の令は命令の令であり、その命令はどこから降されるのか?、、それは神様です、、神様から降される御命令、そして御指図であります。人は皆、その御命令に従うことで、本当の“和”が成就する、そういう意味がこの元号には込められています。

そして、また同時に“リセット”でもある。 令 = 0(ゼロ) 和 = 輪 = 0(ゼロ)

令和の時代は顕幽両界にまたがり“リセット”が成立する、、すなわち 00” ダブルオー!

そこで今一度、、

大神様、、背中を向かれて、何か“書”を書かれておられます。

それは、次の大嘗祭において、大神様が新天皇様に直々に渡される、それは真の“奥義”の書である。

書を書き終えた、天照大御神の背中には、巨大な鳳凰の姿がありました。

以上、これが全てであります。

令和の時代を迎え、いよいよ日出ル国ノ神々によるこの国をかけての最後の戦いが始まります。

一度放たれた矢は、的に当たるまで決して元に戻すことはできません。


日出鳳凰図
“日出鳳凰図”

“ミッション終了”、、データベース照合、、7%超過、、(これは重力偏差が、、う~)、、“アストラルレベル”でこの状況を分かっている人はどのくらいいるのかな、、これはあともう少しで取り返しのつかないことになるよね、、、システムクリアー、、ダイヴオフ、、ふ~、、、終了。。

今日もここまでご一読いただきましてありがとうございました。

(この連載は短期連載のシリーズです。更新はあと数回で終了し、その後、またしばらくの間このページは“休眠”します。)

荒祭宮
三重県伊勢市 皇大神宮 別宮 荒祭宮『天照坐皇大御神荒御魂』(2019年1月10日撮影)

相も変わらず、連鎖の流れは一向に留まる気配がありません、、、。

(もう、ここまで来てしまったら、腹を括るか、、開き直るか、、そんなところでしょうか、、ここに至って、今は結構冷静です、、逆に落ち着いていますよ、、。)

え~と、前回はどこまででしたっけ、、トランプさんを囲んで、国をあげての大宴会、、いや、、し、失礼、歓迎晩餐会のあと、その翌朝に川崎の事件が起こり、それから、前後不覚に陥って、また尻切れトンボのまま終わってしまったところが前回の回でした。

その後ですが、トランプさんが事件が起きたその日に帰国される際、しっかりと“連鎖の種”をアメリカ本国に持って帰られまして、、そして5月31日にはアメリカにて、【米ヴァージニア州で市職員が同僚に乱射、死者12人に】の事件が発生しました。(この事案などは、“連鎖の種の拡散”という意味では非常にわかりやすいところです。)そして、、我が国、日本ではその翌日の6月1日、、【自動運転の列車逆走=車止めに衝突、15人負傷-横浜】の事故が発生しました。そして、更に昨日の6月3日には、、、

(今となってはもうあまりこういうことはしない方がいいのかもしれませんが、、)これまでの記事の例にならって、一応、時系列で事件・事故の履歴を示します。

⑫番からですね、、、(なぜか悲しい、、)

⑫ 5月26日(日) 千葉県銚子沖 貨物船二隻の衝突による沈没事故が発生。乗員3名死亡。
            
⑬ 5月28日(火) 川崎市 小学生16人を含む、18人が刺される。女児1名、男性1名ら2名と確保の男死亡。

⑭ 5月30日(木) ハンガリー 観光船同士の衝突による沈没事故。事故を起こした観光船には韓国の団体客33人が乗船。うち7人が犠牲となる。(犠牲者には6歳の女児も含まれる)(→ 関連記事

⑮ 5月31日(金)
 米ヴァージニア州ヴァージニア・ビーチ 31日午後4時過ぎ、市職員が市庁舎で銃を乱射し、少なくとも12人が死亡し、数人が負傷。 (→ 関連記事 )

⑯ 6月2日(日) 横浜市磯子区 シーサイドラインが逆走。車止めに衝突、15人負傷。(→ 関連記事

⑰ 6月3日(月) 北海道旭川 幼稚園の送迎バスが追突事故 園児ら5人けが。(→ 関連記事 )

⑱ 6月3日(月) 大阪市此花区 歩道に車突っ込む 子供2人含む4人けが ブレーキとアクセルを踏み誤る。年配男性運転か(→ 関連記事 )

(、、ふ~~う、、、なが~いため息、、これはもう絶句ですね、、もうあきれてしまいます、、何もいえません、、それにしてもこうも続くものかね、、。)

先も申しましたが、事故なり事件なりは、日常茶飯事のように世界中どこでもいつでも起きているわけですが、この事案に関しての事故及び事件の流れは、“一連の連鎖” のなしうる事象として明確に識別することができます。

事故に遭われた方、命を落とされた方々に、心よりのお見舞いとお悔やみを申し上げます。 合掌。

(本当になんど手を合わせたら済むのか、、哀しくなります、、)

この連鎖の流れがこのまま更に進んでしまった場合ですが、、最終的にどこに行きつくのか、、それは先の回でも申し上げました通り、、地震、そう、地震に行きつきます。 しかも起きた場合ですが、結構大きいです。そして、場所と大体の時期ですが、今ここで申し上げますと、、、

(いいですか皆さん、言いますよ、、)

今月の終わりから来月の初めにかけて、場所は首都圏です。しかも限りなく首都の直下で、規模は、、M6クラス、、震度にすると、深度と震源地にもよりますが、今の時点では正確な度数は、、、分かりかねます、、ただ、大きいのだけは確かです。

この予告は、今年の初めに、初詣で都内のある神社を参拝した折に、メッセージで伝えられたものです。

この地方に住まわれる皆さんはくれぐれもご用心ください。

(地震についての神社からのメッセ―ジと、この一連の連鎖が時期的にもここで繋がりましたので今回、あえて公開に踏み切りました。)

さて、意見具申ですが、、

このトランプ大統領の訪日は、結果的に“アメリカ様が日本の宗主国”であることを再確認し、、(これは言いたくはないが)、、忠誠を誓うための謁見行為であったことは容易に理解できます。

しかも新しい天皇を担いでです、、これはもう天皇の政治利用でしかありません。

この一連の連鎖のそもそもの元となるものは、天皇の政治利用による“権威の濫用”です。 この一言に尽きます。(事件と事故はその結果です。)

平成天皇の生前退位ですが、これは退位ではなく本義的には“譲位”です。平成天皇は退位という言葉は用いてはおりません。あくまでも『譲位』であるという認識のもとにお言葉を用いられています。

平成から令和に移り代わる天皇の皇位継承にかかわる一連の儀式行為において、全てにおいて不当な“操作”が行われました。

国はマスコミを道具に、前天皇をあくまでも(半ば強制的に、、)“退位”に追い込ませ、そして“禅譲の儀式”は執り行われませんでした。

その結果、この国の神武天皇の御代から連綿と続く、天皇の皇位の継承がここで終了した、、 

“終わらされてしまった” 

、、ということになるのです。

実質的にこの国の歴史は終わりました、、、そして令和に移り代わり、すぐに米トランプ大統領を迎えての、忠誠を誓うための<儀式>がとりなされ、、、

(書いてて段々吐き気がしてきましたね、、)

この案件についての解説は、下に示す本の中に詳しく書いてありますので、ご関心がある方は、是非一度お読みください。

(この本は、拡散必至です!私はこの本に書かれている内容は全面的に支持します、、、でも、もう時すでに遅しですが、、)

天皇退位式は皇統断絶
天皇「退位」式は皇統断絶 徳仁《新天皇》陛下は、新王朝初代