FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
(この回は、講演会の告知の回となるため、特別に無料枠で配信致します。)

私は、一人の巡礼者としてこれまで数多くの聖地を訪れて参りました。

あれは忘れもしない、今から18年前、1997年の11月、、妻とハイキングでたまたま訪れた山奥の古いとある神社での出来事が全ての始まりでした、、。

そこで起きた出来事が、その後の私の人生を一変させるきっかけとなりました。その日を境に、私の異常とも思える“異界”への旅路が始まったのです。そして、もう二度と元のこの世界に戻ることはできなくなったのです、、。

その日以来、私は目には視えない“何者”かの意志たちの命ずるまま、次、次、つぎ、、と、見えない糸に手繰り寄せられるように様々な神社仏閣を巡ることとなりました。(それはもう、常軌を逸した異常な体験でした、、。)

その生活が続く中、私はやがて日々の生業からも撤退せざるえない状況となり、最終的にはこの巡礼活動が生活の全てとなっていったのです。

それからしばらく経たのち、私はある神社に詣でたことをきっかけに、この旅の“真の目的”を知らされることとなるのです。

そして、私はそれを知ってしまったことで、、その後の全ての人生がその目的のために費やされることとなりました。

この“イスファロン”という概念も、その旅の道程の中でメッセージとして伝えられたものです。(イスファロンの存在を最初に知ったのは、確か1998年頃だったと思います。)

それから、私の長い、長い、本当にながい“闘い”の日々が始まりました、、。

それはまさに戦場にいるかのような危険で、厳しい日々の連続でした、、。
(私が今こうして生きながらえて、過去を振り返っていること自体が不思議なことに思えます。)

この旅は、私が過去生おける、この星と、もうひとつのふるさととなる星“火星”との間に起きたある出来事が、、、それは銀河の星々を巻き込むほどの壮大な物語となる、、この長い旅路をもたらしたそもそもの要因となっています。(前作のブログには、その経緯の一端が小説形式で描かれています。)

、、、まあ、一言でいえばそうなりますが、、これまでの経緯は、とても一言では語ることはできません、、。(この20年近くに及ぶ旅路で経た総移動距離は地球数周分にも及び、またその間に蓄積された情報量はまさに天文学的な量に達します。)

前作から継続する当“イスファロン”ブログは、旅の道程で得られた情報の極、極、、、ごく一部分のみを、一般の方にも開示ができる範囲で公開したものとなっています。(実は、これまでブログ上で発表した情報量は全体のわずか1%にも及んでいません。)

現在、私は旅の中で告げられた最大の命題となるある“目的”を成し遂げるために、小さなコミュニティを立ち上げ、現在もその実現のための活動を展開しております。

ただし、活動としては一般へのアプローチ(呼びかけ)は一切かけておらず、極めて水面下での活動となるため、その存在は世間一般に知られることはほとんどありません。(実は、当『イスファロン講演会』はすでに過去4年間にわたり、現在まで継続しております。(ただし非公開))

このたび、ブログを通じて講演会の一般への告知に踏み切ったのは、2013年という、この人類史上稀にみる重大な転機を経て、これから進むべき世界の行く末を鑑み、その時代に対応するために長年に亘り準備を進めてきた当活動の趣旨を広く知って頂くことで、活動の精神に共鳴し、また賛同していただく方々の輪を少しでも広めていきたいという思いのもとに、今回告知させて頂きました。

このような趣旨のもとに、今回の講演会では、当活動がこれまでに進めて参りました活動の主な概要について説明をさせて頂きます。もちろん、当ブログが取り扱うテーマについての解説も致しますが、当活動は部門毎に非常に幅の広い体系を持つことから、まず、その全体の体系をご理解いただくことが講義の最初の主なテーマとなるため、今回は主にブログ上で取り扱う情報や知識などを個別に解説する趣旨の講演ではございませんのでご了承ください。

そのため、日頃のブログの閲覧を通じて、“単に情報が得たい、知的好奇心を満たしたい、興味がある、面白いから” といった動機だけでご参加された場合、この講演会はおそらくご満足のいく内容とはなりませんので予めお断りさせて頂きます。(当活動は、具体的な目的を持つ活動団体です。)

ここまでの説明を読まれまして、“それでも、参加を希望したい” という方がいらっしゃいましたら、以下の要綱を読まれましてお申込みください。

まず、下記のリンク先の『メールフォーム』にて指定した各項目を明記して頂きます。メール受信後、内容をこちらで精査した上、ご参加の該当者と判断した方にこちらから講演会会場の場所をお知らせ致します。

※注意事項 …【氏名】はハンドルネーム・匿名等は不可とします。(本名を明記)【参加志望動機】の欄は、当ブログの感想などもお書き添えください。また、参加者の選考として短文等の簡単な表記は不採用とします。(例:普段読んでいて興味があるから。情報が欲しいから。など)

                  【 プロジェクト“イスファロン” 2015 東京講演会 】
開催日 : 2015年9月5日(土)
時 間 : 13:30 ~16:45(開場13:15)
定 員 :40名(受付は先着順となります。)
場 所 :東京都内の駅隣接の会場(※会場はお申し込みの際にこちらからメールにてお知らせします。)
参加費 :4,000円
講演会終了後に懇親会有り (会費:3,000円程度 場所:会場近くの飲食店 時間:17:00~20:00頃)
 ※懇親会の参加の有無をメールフォームの選択欄にてお知らせください。

                  『イスファロン講演会』申込み用メールフォーム

送り火”鳥居形”
京都『五山送り “鳥居形”』(2015年8月16日 嵐山・虚空蔵法輪寺にて撮影)
今年のお盆もこれで終わりました、、。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。