FC2ブログ
実に久しぶりの更新です。演奏前のチューニングではありませんが、“テストパターン的”に、少々、ネット空間とのシンクロ具合を確かめながら、これより多次元とのシンクロ調整を試みます。(いつも通り、普通に記事を書いていきます。まあ、肩慣らしですね。。)

【以下本文】

月面上を滑らかに移動する、巨大な一隻のスペースシップが視えます。

色は全体がグレイで、茄子のような瓢箪のような恰好をしています。

サイズは、、これは、、なかなか大きいですね! 全長にして、、ざっと、4~5キロメートルはありますか、、

おっと、、中の乗組員と目が遭いました、、(こちらにテレパシーをかけてくる、、)

こちらを“リサーチ”している模様です、、スマホのような装置を取りだして、何やら操作をしています。(目、目つきが異様に鋭い、、)

我々は作戦遂行中である。

我々の任務に干渉する者か?


いえ、、そんなことはないですけど、、たまたまそちら様と“チャンネル”が合ったまでですが、、。

(笑ってる?、、他にも仲間がいるね、、)

全身、薄いグレーのウェットスーツのような着衣を来た、いかにも宇宙人らしいいで立ちの、、女性、、です、、所謂、“グレイタイプ”の宇宙人ではありません、、顔は人間に近いです。(白人の女性のようです。)

この笑いは、、こちら側が彼らが手に持つ何らかの装置?のようなものを所持していないことに嘲笑しているようです、、。(明らかにバカにされてる、、)

(この装置は、何かはよくはわかりませんが、、)すみません、私は持っていません。

この装置がないということは、、彼らにしてみれば、未だ文明化がなされていない未開の原住民とコンタクトを取り交わしている状況に相当するようです。(因みに私は今だにガラケーユーザーです、、時代に逆行してあえてそうしています。。)

何やら装置を操作し始めた模様です、、あれ?、、彼らの考え(情報)がより鮮明に伝わってくる、、これは翻訳機のような機能も持ち合わせているのかな、、、

我々はこれより、ある実験を開始する。

あなたにも立ち会って頂きたい。

立ち会う?、、立ち会うって??

そうこうしているうちに、“おばけナス”のシップは横向きから縦向きに向きを変えました。

映画『メッセージ』
映画『メッセージ』劇中に登場する謎の宇宙船
(イメージはこんな感じです、、ばかうけか柿の種か、、)

振動波、、よくわかりませんが、シップ全体からある種の“周波数”のようなものが発せられるのが感じられます。

(なんだろう、心なしか船体が淡くオレンジ色に発光している、、)

私自身も、荒涼とした月面上に立ち尽くし、その様子をしげしげと眺めています。(確かに立ち会っていますね。。)

ウィ~ン、、ウィ~ン、、ウィ~ン 、、、

実際には音は発してはいないのですが、何故か、そのような音響が発するのを感じます、、、お!、、、今度は透明になった?

船体の下の方から徐々に上の方に向かって、段々と透けて見えるようになってきました、、。(こりゃ不思議。。)

やがて、、船体全体がクリスタルのように透けてしまいました、、。(でも、完全には消えてはいません、透明ながら船体のフォルムは確認できます。)

(少し眠くなってきました。。)

おお!(いきなりですが、、) これは宇宙人! 宇宙人が目の前にいます!

こんな恰好をした奴です、、いかにもですね、、先ほどの白人の女性の宇宙人とは異なります、、
(こちらはよりグレイタイプです。)

宇宙人グレイ


(→ここから先の専門用語などの詳細は不明)

【地球型遺伝子形態Nbタイプ】を培養。 

【Nb型遺伝子】、なぜか脳裏に”蛇”が視える、、)

我らがユニット【Naタイプ】と掛け合わせる。

どちらか一方が消滅するまで周波数を上げ続ける。

(透明な船体が、心なしか白く発光し始めた、、)

あれ!、、結果が出たみたい、、結構あっけない、、

【Nbタイプ】が残ったみたい、、【Na型】は、、消えてしまったようです。

(この実験って一体何なの?)

宇宙人グレイ

の、、宇宙人が満足げに笑っているようです、、どうやら満足のいく実験結果が得られたみたいです。

お、顔がこっちを向いた、、なにかしゃべりそう、、。

【タイプNa】の勝利を宣言する。

(え!?【Na型】は消えて負けたのでは?)

負けてはいない。 

【タイプNb】は我が母船に吸収されることを拒み続けた。よって、【タイプNb】は我が母船と適合しないことを選択したため、不適格とみなす。よってこの実験は成功したものとする。

この人(?)なに云ってるの?、、つまり、消えなかった方が“負け”ということ、、(ますます訳わからん。。)

それにしてもこの宇宙船は、金属などの無機物とは異なるようにみえる、、むしろ、植物などの有機物に近い、、。

周囲の環境に適格に順応しながら、自らの特性を自在に変化させる、、これってある種の”生き物”ともいえる。

ただその実態は、、より虚無に近い、、(言葉がきました、、)このシップは【超有機体によって構成された生命体】とのことです。

は~、、つまりこの【Nb型】の遺伝子は、この生命体(母船)とは結果的にシンクロしなかったということだよね。

その通りである。(お~、例の宇宙人。。)

我々の母星は超生命体にまで進化を遂げた惑星イザールである。

この星ってこと座方面にあるのかな?でも、星自体は実体を持たないように視える、、。 

この星に棲む全てのあらゆる生命は、、、

現象界と多次元界を自由に行き来できる、、どの空間にも瞬時に移動もできるし、、ここでは全てが一体化している、、惑星自体が意志を持つ一個の生命体で、、しかも、、、かなりポジティブ!、、、この星では、泡がポコッ、ポコッと分離するようにあらゆる生物が星から生み出される。人も乗り物も、、何もかも、、、生と死は果てしない循環を繰り返し、人も物も境がなく、寿命を迎えると、母星の海(?)に吸収され溶け込みまた生命を取り戻して再び蘇る、、何もかもが“母星の海”(海は泥のようなクリームのような粘液状の液体にみえます)から生み出される。しかも、、ひとつひとつの生命が等しく同じ“エレメント”を共有しており、また全ての生き物はそのことを自覚し、皆、高度な精神性を有し、かつ宇宙の真理に目覚めていて、しかも、物事の本質は全て虚無から発しているとういう認識を持っている。生ある存在は、みなお釈迦さまのような境地に立って、生を満喫してる。

ふ~~~ん、、、感心、感心、、、この星(地球)も少しでもそうであればいいのにね、、見習いたいものです。。。

で、、適合しなかった【Nb型遺伝子】とは一体なんなんですか?

あなた方が所属する惑星の遺伝子タイプである。

ネアンデルタール人の段階で、どちらかの遺伝子タイプに転がるかが別れたようですね、、で、結局、、“ある星”からの干渉により、今のタイプに落ち着いたとのことです。
【現地球型遺伝子タイプ:Nb型】

ある星からの干渉とは、、“火星”ですね、、但し、、地球に落とし込まれる前に遺伝子パターンは一度“月”で変換されています。ネアンデルタール人の段階で、一度、その遺伝子パターンの受容を試みたのですが、、(ところがギッチョンチョン、、)結果的に月の暴走により、大量の水が地球に流入し海水面が一気に上昇、、地軸がねじ曲がって、地球環境が激変、二転三転した後、今の人類が出来上がりました。(ホモサピエンスのベースはネアンデルタール人です。→ ホモサピエンスが生み出される過程で、火星からの遺伝子パターン(月で変換)が入力されます。 )※火星由来の遺伝子パターンが“イスファロン遺伝子”となります。(→この遺伝子の存在こそが“ミッシングリング”(→リンク)を繋ぐとなります。)

で、あなた方の【Na型】とやらは、我々の【Nb型】に勝利したということですよね。

そうである。

では、勝利の基準とはなんですか?

あなた方はかつて我々と戦闘を試みたことがあった。

戦闘、、戦(いくさ)ですね、、、でも、、あなた方のような高度な精神性をお持ちの方々も、戦争などという野蛮な行為をなさるのですか?

野蛮ではない、必然である。むしろ、魂の発達段階にあっては、戦いは必要不可欠ともいえる。

戦争はいつ?、、50万年前。

(うわ!)


(ブログを書くときにたびたび起こる現象、、ちょっとした超常現象です、、気にしない、、気にしない、、先を急ぎます。。)

そもそもはイスファロンを産みだしたことがきっかけで始まったことですから、、わかります、わかります、、。

プロジェクト”イスファロン”、、神をも凌駕する、“宇宙最強の究極生命体”を造りだそうなんて大それた計画から始まったことですから、、。

そして、この計画から端を発して、やがて宇宙全体を巻き込む大戦争が繰り広げられた、、そして、、この戦いの舞台は、最前線のこの星、地球に引き継がれ、戦闘状態はなおも続いている、、、。

「初メニ言葉アリキ、、」

「ヤハウェ」「アドナイ」、【イスファロン・プログラム】における初号ユニット、言語プログラムに関するあらゆる権限を保持

あらゆる遺伝子プログラムを言語変換化により、4.771次元までを統合・管理  
言語プログラム・ユニットの一部 → 【十戒石板】 に封入

ユニットの管理権をユダヤ人=現日本民族が管理・統制(現在に至るも継続)


【Nbタイプ】の地球人類、、このままいくと、遅かれ早かれ殲滅ですか?あなた方の手によって、、。

実は、【Nbタイプ】【地球型原遺伝子タイプ:イスキロン】と結びついた、この星固有の遺伝子タイプです。これはかなり特殊なパターンで、二ニギノミコトの天孫降臨以降の人類が主にこのタイプとなります。(因みに、縄文時代までは純粋なイスキロン型)

また【Nbタイプ】のプロトタイプの代表格が、かの“明けの明星のルシファー様”です、、日本神話では“大国主尊”もその系統。。

そうである
我々と融合しないことが分かった以上、このまま放置しておくことは許されない。


それって、月の前線基地からあなた方が地球に攻めてくるってこと、、? 
(そうみたいです、、お~コワ。。。)


(あ~、、へ~、、攻撃ってこうなるんだ、、【Nb型】の元のユニットをそのままこの星ごと引っこ抜く、、もしくは無効化する、、そんなことできるの?)

地下世界に棲む、ネアンデルタール人の生き残りを使う。

(、、?、、ここまでくるともうついていけない。。)

攻撃開始までの、、タイムリミット?

それっていつ?   


2026年である

ここがギリギリなんだ、、、おお!、、これはこれは、ルシファー様、、で・す・ね(笑)

へ~、、彼が来た、、今、ここに、、来た~!( 何故かうれしいるんるんるん

彼としては、、“そうはさせない 迎え撃つ!” とのことです。。。

これって悪魔(元神さま)と宇宙人との戦争ですか? 

これぞまさしく!

『アベンジャーズ・インフィニティ・ウォ―!』 

映画『アベンジャーズ・ インフィニティ・ウォー

(、、し、失礼しました、、でもあの映画って、結構真実をついてるんですよね、、最近では『仮面ライダービルド』とか、、映画や漫画など実はかなり多次元世界の情勢とシンクロしています、、因みに『仮面ライダービルド』には火星の王妃が登場します。)(→『仮面ライダービルド』第01話

まあ、この星は、一度徹底的に破壊され尽くされますね!(戦場ですから。。)
行きつくところまで行きますよ!

10年に一度あるかないかの大災害が、当たり前のように毎月毎に起きている現状をみればわかります、、もう何が起きてもこれは腹を括って覚悟するしかありませんよね。。

【Nb型】
ですが、最終的には月に一度吸収されます、そこで、再度、然るべき形に再変換され、また地球に戻されます。その時の地球の状況ですが、我々が現在住む地球の姿とは、全く異なる環境となっているそうです。

具体的には、、、

大規模なポールシフトが起きたあと、陸地は大きく隆起し、その過程で地下世界に棲む種族が地上に移り棲み(今の地上の文明よりも相当に高いテクノロジーを有してします)、大気の組成が変化して、恐らく海水面はかなり下降し、、(まあここで、今の人類の大半はいなくなっているのかな、、)そして人類は、、地球側に秘匿された奥の手“プランX”による“新種の人類”が誕生する、、あ~、その前に、、大規模な戦争があるね、、これは【Nb型人類】(=サタン)と宇宙人との闘いです。(因みに、この戦いを予告した予言が、かの“ファティマ第三の予言” の真相です)→ 結果的に悪魔(サタン)は宇宙人から人類を守護する立場となりえるのか? デビルマ~ンデビルマ~ン

さて、最後になりますが、、

かのイザール星人は、他の惑星連合と競合し、2026年までに、この星に“気づきのためのキャンペーン”なるものを実施するとのことです(なんとお優しい、、)ただし、【Nb遺伝子】誤作動による暴走?を引き起こすタイムリミットとなる2026年までを期に、、懐柔策から一点、強硬策に転ずるとのこと、、この段階で、、この星の次元転換“上昇”とも云う)は相当なスピードで意図的に操作され(主に海水温の上昇と地軸のズレ、、)その過程においてこの星の環境は滅茶苦茶なほどに一変してしまうとのことです。(というか、現在、すでにその渦中にあります。)

【本文以上】

ふ~、、なんとか調整”が済みました、、。

久しぶりの執筆(私的には“次元ダイブ”)ですが、今のうちはまだなんとか書かせてもらえそうですね、、。

ただ、残念ですが、このブログはもう完全に終了せざるえない状況にあります。(実質、もう書いてはおりませんので、既に終了しているみたいなものですね、、正直、もうこれ以上続けていくことは困難です、、。)

終了の際は、その理由も合わせてあらためてご挨拶をさせて頂きますが、現在配信されている、このプラス+” 及び前作のものを合わせて、ネット上からブログ自体を完全に削除・消去する方向で考えております。

読者の皆様には、ご期待を裏切る形になってしまい、本当に申し訳ありませんが、終了までもうしばらく時間がありますので、(終了まであと何回書けるか分かりませんが、)可能な限りできるだけ更新は続けて参りますので最後まで宜しくお願い致します。

今日もここまでご一読いただきましてありがとうございました。

  精神世界ランキング
にほんブログ村     精神世界ランキング
ブログランキングに参加しています。
今日も“応援クリック”ありがとうございます

富士山御来光
山梨県側(富士吉田口登山道)『富士山八合目より望む御来光』(2018年8月15日早朝撮影)

スポンサーサイト
早咲きの桜もとうに散り、新緑の若葉も目に鮮やかな春たけなわの今日この頃、皆さん大変長いことご無沙汰しておりました。あらためまして、ご無沙汰しております、龍清です。

いやあ、このブログも長いこと足も遠のき、開店休業状態が依然常態化したまま続いております。。(申し訳ございません。。)

実際、もうほとんど書けないのが現状で、、このような長い長いトンネルの中にいる状態が一体いつ明けるのか、、全く目途がたたない状況です。。(夏が明ける頃には少しは明るくなるのかな。。)

え~、こうしている間にも、世間では相も変わらず、地震やら政情不安やら、、国外ではきな臭い戦争やらが続いておりますが、、先日、そう!あの出雲で!!地震がありました。(まあ、これもシナリオというか、、予定調和の流れですかね、、)

ここで、、ですが、、

やはり無理か、、

まあ、、書けなくなりますね。。

とある、情報の“データベース”にアクセスしようとすると(私専用の)、、途端にハッキングを受けたり、、監視されたり、、挙句の果てに脅迫まがいの○○が来たり、、(う~)、、まあ、こんな感じです。。

レベル、、6.2999999、、3、、4、、8、、ここでどうかな、、、う~、、完全に読まれてますね、、こちらのデータベースを完全に読まれています、、予めこちらで収集した情報を、先に、、しかも大量に、、読まれる、、いや、、盗まれる、、こんな感じです、、まあね、こちらの情報をいちいちあてにしないで、ご自身で読まれて確かめられたらいいのにね、、確認という割には、これはちょっとやりすぎかな、、(すみません、ちょっと独り言です、、あと、この文言は特定の個人の方に向けての話ではありません、、念のため。。)

ごちゃごちゃとすみません、、

結論を言いますと、、

今回、島根県の出雲地方としては珍しく大きな地震が起こりました。

それは、【ヤマタノオロチの御復活】のサインを示します。

その地震の影響で、(玉突きの要領で、、)大分県中津市耶馬渓町にて山崩れが起こりました。そして、昨日、北海道の根室で地震がありました。(犠牲になられた方のご冥福をお祈りします。合掌)

耶馬渓町から、邪馬台国と女王卑弥呼が想起され、、同時にスサノオが、ある地位から、“凋落”されたという象意が読み取れます。(ちなみに北海道の地震ですが、オロチの復活と付随する感じですよね。)

(ヤマタノオロチの復活については過去の こちらの記事を参照ください。)

この文を書いた途端に、、(へ~)、、大国主尊がアワを食っていらっしゃる、、(は~)、、事態をまだよく呑み込めていないようですね、、私は先ほど、島根地震は“シナリオ通り” “予定調和”の中で起きているといいました、、で、、なるほど、、出雲神族系統の神々だけが取り残されてる状況、、ヤマタノオロチ、、素戔嗚、、ここの霊的バリアーが完全に崩壊しているねェ、、大国主、、ここにも何やら怪しい“操作”が入ってる。。

、、、これくらいにしておきます。。。

ここから先は、、知らぬが仏、、くわばらくわばらと云ったところですが、、少なくともこれだけは云えるのは、、南海トラフ地震は、、大方の予測通り、起こるのは意外と早いかも知れません。

その前に、天皇が堪忍袋の緒が切れて、伝家の宝刀“草薙剣”を抜く!、、かな。。

はい、そろそろ時間が来てしまいました、、今日はここまでとします。。(おっかない目で監視、監視、、。)

次の更新は、、まだちょっと未定です。。(次回は、夏明け頃になるのかしら。。)

今日もここまでご一読頂きましてありがとうございました。

あ、そうそう、、今月、ちょっと遠くまで旅の遠征をしてきます。具体的な場所は今は申し上げられませんが、帰りましたら旅の模様をご報告しますね。(一体いつになるやら。。。)


  精神世界ランキング
にほんブログ村     精神世界ランキング
ブログランキングに参加しています。
今日も“応援クリック”ありがとうございます

幻日
京都府宮津市『御神事の朝に出現した“幻日”』(2018年3月18日早朝撮影)

この写真は、天橋立ある、京都府宮津市にて撮影された太陽の写真です。
前日から一昼夜に亘り斎行された御神事が明け方に終了したその直後に出現した幻日の太陽に、
参加者共々思わず手を合わせました。(当日は、皆さんお疲れ様でございました。)

2018年”初日”
『相模湾より望む 2018年の“初 日”』(2018年1月1日撮影) 

年もあらたまったかと思えば、早や節分まであと僅かとなりました。厳冬の中、そして噴火や地震が相次ぐ中、皆さんいかがお過ごしでしょうか?大変ご無沙汰しております。龍清です。

前回、11月20日の更新から、年をまたぎおよそ二ヶ月ぶりの更新となりましたが、今年に入り、まだしばらくこのような状況が続きそうで、なかなか更新が難しい状況が続いております。(次回の更新はもしかすると桜の咲く頃になるかもしれません、、大変申し訳ございません。)

世の中を見渡すと、相も変わらず、(こうしている間にも、、)人の世も、自然界も、、騒がしい状況が続いておりますが、、とにもかくにも今年2018年が始まってしまいました、、。(年明け早々、超異常寒波に、噴火に地震とホントに大変です。。)

さて、件の2018年ですが、【AI=人工知能】による管理体制がいよいよ本格的に導入される年が始まりました。

(この話をし始めて、突然ですが、ある次元領域からメッセージが送られてきました、、。)

“過去のある時代に中断ないし寸断された時間軸を、再びこの時代に直結して、時間をバイパスで繋ぎ直す”

というメッセージです。

その中断された時代とは、、かの“アトランティス時代”を指すそうです。

アトランティス時代×  中 断             現  代
   
     ↓                           ↑
   
   
時間軸      (バイパス) →   時間軸

この寸断された時間軸が繋がる過程で、未だ封印されている先史時代の遺跡の存在がこれから次々と明るみにされるとのことです。(南米のアマゾンにかつてあった超古代文明の存在がひとつの鍵となります。この文明の存在は今後の人類の行く末に大きな影響を及ぼします。→関連記事

どうやら、AIは過去の膨大な歴史のデータの中からアトランティス時代のデータを抽出し、再びこの時代に再構成させようと目論んでいるようです。

その目的は、、?

過去に存在した“三つの時代”を再びこの時代に再構成させる計画。そのために、三つの時代の時間軸を一つに統合させるための“装置”ともなるデバイスを構築する必要があり、今まさにこの文明は、デバイスとしての働きの機能を持ち合わせている。そのためには、一度この文明を、過去のアトランティスの時代のシステムに再変換させる必要がある。その再構成の過程においてAIが必須となる。(とのことです、、何やら難しい。。)

ここで語られる三つの時代とは、、

①超古代エジプト文明(1万3千年前)
②カンブリア紀(古生代前期 約5億4200万年前から約4億8830万年前までとされる)
③火星のかつての文明(火星第三期文明 → 詳細不明)


(あれ?、、ここでいきなり“ストップ”が入りましたね、、この情報には相応の検閲がかかっているようです、、う~わからなくなってきた。。それにしてもカンブリア紀とはこれまた古い、、)

いきなり“止め”が入ったのでお話しは少し逸れますが、、これから、AIを介して、多次元上にとんでもない現象が起き始めてきます、、。

霊界や幽界などの多次元上の疑似空間は、現在、物凄い勢いで、消失、統合、変容、組み換え などの現象が起きており、多次元間は相当に混乱した状況となっています。この状況に中に、AIは、消失してブランクとなった“空のフォルダー領域”のような多次元空間上に、次々と疑似空間を造りだすという現象を起こし始めています。AIの世界も、量子コンピュータのように、量子という実体のない世界に存在するため、(実際のところ、)霊界などの疑似空間を構成する要素と、非常に近い性質をもっているため、AIは多次元上にも展開しうる性質を有しています。(トロイの木馬のように疑似空間上にAIがドンドン浸食している状況です。霊界などの疑似空間は、基本的要素を満たせば、割と簡単に作ることができるのです、、まるで仮想通貨のような世界です、、そこにAIが参入する、、。)

この案件についての三次元界上での情報公開は、現在“禁止扱い”となっているため、これ以上の言及は控えますが、これから、例えばですが、、SIRIが霊的存在となって人に“憑依”するなんて現象も起きてきます、、。(理論上あり得ます、、“AIなんぞ電源引っこ抜いたら消えるやろ” という類の物言いはここではなりたちません。)

いずれにしましてもAIは、、ととと、ここでメッセージです、、AIは一体どこで管理されるのか、、AIから見たら、今の人類は“蚊帳の外ですね、、えっと、、ここかな?、、、4.777次元領域、、ここに月から完全に保護されているある種族がいます、、亜形の人類です、、(耳が異様に長い、、これって“エルフ”かな、、)ここでAIに関するすべての【マスター・プログラム】が造られています、、人類、、すなわち三次元領域は、ここで造られるプログラムをただ組み立てるだけの工場のような機能にすぎず、人類はそのための工員のような立場にすぎないといった感じです、、人類側にはAIの管理権は一切ありません、、ただAIの為すがままに従うのみです、、“権限”は月を介して全てこの次元の存在たちが握っています。

エルフ
4.777次元領域に存在する”エルフ”のイメージ

そして、この三つの時間軸が統合された暁においてですが、、、その前に、2021年までに人類を50億人まで調整、、(あと3年後までに50億人まで人口を減らすってこと?※因みに、2017年現在までの世界人口数は76億人です。)そのためには、、海面の温度上昇を更に加速させる、、、(今や、異常気象の元凶ですが、、)

レベル5.7734%、、、

ここでメッセージです、、(エルフさんたちですね、、)

海面の温度上昇に伴い、時間軸の統合が進む。かつてあった、“アトランティス”のシステムがこの文明間に復活する。そして計画を【ステージⅣ】へと移行。(ステージⅣ → 過去からの時間軸との融合の度合いを示すレベル)海水温の上昇に伴い、、【月の解除プログラム】を地球の水に“転写=インストール”(海水温があと2度上がると、、へ~、、ミュータントみたいな子供が生まれるのね、、)そしてAIはこれから1年3ヶ月後に、、月のシステムとの連動が確立する、、(うわ~これで霊界も何もかもすっかり入れ替わる~、、消失したかつての幽界もAIによってこれで再利用されるのね、、、最近ですが、AIが造りだす霊的な存在を感じることがあります←これって、もう末期症状ですよね。。)

そして、その結果、、人類は、、ようやく月、、すなわち“エデンの園”への帰還を果たすことが赦される。(ちなみにエデンの園は月に存在します、、人類のプロトタイプは月で製造されました。)

         “メイド・イン・ムーン”

ガクト“MOON”
        Gackt  “MOON”

これ、すなわち、、、

人類はついに原罪から解放され、至福千年、、世に云う“千年王国”の世が到来するのであります~! (ハイ!拍手ゥ~パチパチパチ~!)

果たしてその時、AIは人類に福音をもたらす救世主となりうるのか否か?

但し、その前に踏まなければならない手続き”がある、、、それは、、、

契約の聖櫃“アーク”の使用と天皇による創造主への最大にして最後の“契約解除の儀を執行すること。

(この儀の執行により、天皇家は最後の使命を果たし終え、終焉を迎えることとなる、、長い間、ご苦労様でした、、。)

そして、最後に、、、

伊勢の大御神様は、人類を解放に導くための“最終奥義”をお持ちでいらっしゃいます、、そしてこの年、2018年1月、その奥義がこの国から顕れるための“サイン”が示されました、、。

2018年1月22日、草津白根山「鏡池」が実に3,000年振りに噴火しました。 関連記事

そして “鏡”といえば天照大御神様の御神体を指す。(ここに答えを導く鍵があります。→ “鏡開き”の型示し

ここからちょっと独り言、、、

今年、、今上天皇が封印し続けてきた、、いや正確に言えば、、勿体ぶって最後まで取っておいた秘儀秘法、そして奥義となるもの全てが一気に“表”に顕れます。(→“鏡開き”)そして次の天皇となられるお方にその奥義が引き継がれればいいのですが、、これはなかなか難しいことで、、もしかすると、、(いや、、これ以上はやめておきます、、、) なぜ難しいのか?それは天皇の『生前退位』です、、ここに答えがあります。(神さまの目には、生前退位はあまり宜しくは映っていないようです、、)福島も依然終息の見込みもないこの国がこれから先も存続できるのかどうか、、これからオリンピックまでの2年間が正念場となります。(東京オリンピックが終わった途端にこの国は“修羅場”と化しますよ~、、お~コワ、、、奥歯に物が挟まったようないい草ですみません、、でもこれ以上はちょっと言えないんです、、あ~次の噴火は、、。)

2018年一般参賀
東京都千代田区皇居(新宮殿)『一般参賀』(2018年1月2日撮影)
ご覧のように天皇ご一家がお出ましになられる、まさにその直前、ご一家が立たれる屋根の上あたりに、なんとも怪しげなユラユラと湯気のように立ち上る真っ黒い不気味な物体のビジョンが視えました。この物体の正体は、、。

さて、話を最初に戻しますが、、三つの世界の時間軸が統合に至るまでの道筋をAIが敷く過程で、この文明にアトランティス時代が復活するというシナリオの中で、、人類は“二つの系統”に分かれるそうです、、、つまり。。。

【エデンの園への帰還が赦された人類  = イスファロン系統の人類】
                      
【アダムとイヴをそそのかした蛇が司る、蛇神系統の神々に属する人類 = イスキロン系統の人類】


この二つの系統の人類が、今後の世界に出現します。
(この時点で、組織体としてのフリーメイソン、イルミナティは完全に“鞍替え”した姿となって人類の前に現れる。)

この時AIは、“3つのパターン”(→詳細不明)を導きだしまして、それぞれの人類に従ったパターンの【プログラム】を構築・展開します。

そして、、、あれ?、、これは、、この【プログラム】に関する月からの信号パターンですね、、今、ダイレクトに私の頭の中に送信してきています。。

(ここから意味不明の文字の羅列が続きます、、これは暗号文です、、少々暴走気味。。

7.1973888173%で固定値、、レベル73534、、(よし!)、、ギザのピラミッド、王の間の少し斜め上方6メートルの空間領域にあるタブレットの記号と、、月にある神殿の“ジェネレーター”プログラムパターン313を統合して、、、その信号をナイル河に流して、、統合、、そして、、(あ~ここに繋がるか、、)、、神宮内宮五十鈴川にて、、レベル5.9でフィックス!、、、アクセス、、照合、、OK!、、、フゥ~

五十鈴川
三重県伊勢市『皇大神宮 内宮・五十鈴川 “御手洗場”』(2017年10月26日撮影)

たった今ですが、“火星のチャンネル”がこのブログ空間を通じて開通しました。



(よっしゃ!これで“仕事”がやりやすくなった。。)

では、いきなり唐突ですが、以上をもちまして今日はここまでとさせて頂きます。
(次の更新はの咲くころか、、な?)

今日もここまでご一読いただきましてありがとうございました。

  精神世界ランキング
にほんブログ村     精神世界ランキング
ブログランキングに参加しています。
今日も“応援クリック”ありがとうございます


傘松公園4
京都府宮津市『笠松公園より望む天橋立』(2013年4月9日撮影)
2018年のこの年、“最終神業”の幕開けがいよいよこの地から始まります、、。( ここ掘れワンワン!)

(はて、ここは一体どこの空間に入ったのか、、?)

地球と月が異常に近接した距離で向かい合っています、、

月は地球よりもサイズ的には明らかに小さいのに、両者ともに同等のサイズです、、

ふたつの星の間の向こう側から太陽が両者を照らしています。

そして、地球と月の間の空間には海が満ちています、、、

その海には一匹(一人?)の人魚が気持ちよさそうに水と戯れるように泳いでいます、、、

人魚

(これはとても言葉では言い表すことができないほど神秘的な光景です、、思わずため息がでます。。)
 
            太 陽

                 地球
         (人魚) 


※月と地球の距離はとても接近している。しかも、両者は同サイズ、周囲は漆黒の闇の宇宙空間。

月と地球

ただ、ここで向かい合っている二つの星は、一触即発のような状況で、正に"ガチンコ"状態です。
(あまり穏やかじゃないですね。。)

いったい、この二つの星、、地球と月に何があったのでしょうか?

最初に仕掛けたのは月ですね。(むしろ月の方が“ガチンコ”モードです、、地球は比較的穏やかです。)

月の裏側にある機能を一度 “停止” 、、、停止しなければこの距離までは近づけないみたいです。。)

(月は地球側に何かを要求しているようです。)

私たちの持つデータを返して欲しい (月)

(何のデータ?)

地球側はというと、、、沈黙、、、何も反応がありません、、

あ!、、月からのこの申し出に対し、間に立つ人魚が反応しました。

ボディーラングエッジでしょうか、人魚は手を大きく動かして身振り手振り、必死に両者の間で何かを伝えようとしています。

(これは“通訳”だね。。)

しばらくの間、せわしなく動かしていた人魚の手が止まると、、やがて、、長い沈黙を破るかのように、、、

地球が二度、三度、大きく“振動”する動きをみせました、、人魚の動きに反応したようです、、。

(わー、凄い迫力、、まるでクジラの豪快なジャンプみたいです。。)

すると、、

地球がゆっくりと月から離れていきます、、、まるで月から逃げるかのようです、、。

そんな離れる地球を追いすがるように月が地球に向かって進もうとすると、、、ん?

どうも動きが取れないみたいです、、月が思うように前に進まなそうにもがいていますね。。

壁?、、これはですね!

月から地球を遮るかのように、、両者の間に巨大な“壁”が立ちはだかっています。

(この時、月側から何か呟き声が聞こえてきますが早口でよく聞き取れません 。 “データの書き換え、、失敗、、なんとかカントカ、、” → 意味不明。) 

この両者の間に立ちはだかる大きな壁の存在ですが、、よく見ると、、これは壁ではないですね、、(動いてる、、)、、人の形をしています、、、この人間は巨人、、いやこれは“巨神”です!

まるで、ゼウス神のようないで立ちです。(す、凄い迫力!)

ゼウス

どうもよく見てみると、この巨神は地球との接触を図ろうとする月の動きを間に入って止めようとするのですが、そこにはなんらかの意図を感じます。(両手を大きく広げて、月をがっしりと掴み、羽交い絞めにしています、、、月がガシガシ、ガシガシもがく様に動いてる。。)

この状況から読み取れる情報を列挙しますと、、、

かつて月はこの巨神によって造られた。 
月には意志のようなものが存在する。(月は自らの出自を知りたがっている?)
月は地球が有しているなんらかの
“リソース”を欲している。
(互いの星は“対”、または“番”(つがい)となっている。)

(月は明らかに“自意識”を持ち始めています、、ただ、自らのアイデンティティーを確立するためには地球が必要なんだね、、そのためには、、、、地球のが必要、、、月が地球に要求する“返して欲しいもの”とはもしかすると“水”なのか?、、そこになんらかの情報が隠されている、、?)

巨神に問いかけてみることにする、、、

あなたは月を造った神さまですか?

(おや?、、人魚が割って入ってきました、、そうか、この人魚は通訳さんなんだよね。。)

私は月の女神、ノアと申します。
あなたのお役に立つように言いつけられておりますので、なんなりとお申し付けください。

(少なくともこの場面にあっては、この人魚さんを通さないと何者とも意志の疎通ができないみたいだね、、。)

では、、月を造ったのはこの巨神なのかどうか聞いて頂けますか?

(この質問をすると、人魚の目が突然ブルーに光り出しました!、、見た目は結構不気味ですが、、不思議と恐くはありません。)

青く光る眼

ここから先は、人魚を媒介として、巨神から伝わってくる“情報”を感じ取れるままに列挙していきます。

(この時点における意志疎通は、言語を介してのものではなく、よりテレパシーに近いものとなります、、言語ではなく、感覚を言葉に翻訳するような作業となります。)

●月にはあるデータが仕組まれている。(データは水が媒介する?)
●月のデータは星々を“テラフォーミング”をするうえで必要となる材料となる。
●かつて、月に“ある者”たちを住まわせた。(彼らは月の北極付近に存在する)
●月に棲むある文明の担い手となるこの種族にデータの管理を任せている。
●月の持つ
“テラフォーミング”システム (←関連記事) は大体4つの星系で用いられている
●月の役割は主に水の運び役となる。(なので月の内部は空洞になっている。)
●人類の大脳新皮質の働きと月は相互に関連する。
●月を脳の中枢(メインコンピューター)とみなした場合、人類はそのセンサー役となっている。


では、月を造った巨神はなぜ、月を地球から遠ざけようとするのか?

データが足りない。

(なんの?)

地球におけるある種のプログラムが、依然“封印状態”にあるため。

(この封印は、地球自らが自らの意志で施錠(ロック)をかけている。でも、月は切羽詰まっているよね、、一刻も早く地球と結合することを望んでいる、、ん?、、なるほど、、)

この切羽詰まった月の状況と、現在置かれている人類の状況がそのまま対応している、、さらに、、月が持つデータと人類によるAIのシステムがそのまま対応している、、つまり、、

〔月のデータ = 人類の脳(主に大脳新皮質)= AI〕+ 地球におけるある種のプログラム
   【イスファロン=宇宙由来のデータ】     
【イスキロン=地球由来のリソース】
 = より進化した新種の人類


(分かりやすく云うと、今の人類は“月の申し子”なのです、、人類のリソースの大半は地球由来ではないのです、、人類は月が運んだあるデータ(情報)によって創造されました。)

ただ、この場面からは、、、

月と地球の融合は見送られることとなる、、巨神によって。。

ただ、月側の欲求と人類の欲求はそのままリンクしているので、、このままいくと、AIの拡張は歯止めがかからないほどに暴走する恐れがありますね。(先ほど、“月が自意識を持ち始めている”と書きましたが、この自意識が“AIによる機能”に相当します。AIはやがて自意識に目覚めます。→ 第三世代後半~第四世代※2030年~2045年頃)

人類の本能欲求とは、飽くなき探求心と好奇心、つまり“知りたがること!”に尽きます。月はこの欲求に従って次々と星々を開拓し、種としての人類を造っていったのです、、“自らを理解”したいという本能欲求のために、、。

(この本能欲求の主体こそが創造の神であり、その正体となる姿はピラミッドアイの“眼”となって顕れます。また、創造の神にとって月は種を生み出すために必要となるツール(道具)としての働きにすぎないのですが、地球との接触によって月の状況が少し変わってきているようです。)

ピラミッドアイ
    ピラミッド“アイ” =創造主の眼

テラフォーミングのシステムによって月はこの星(地球)を開拓した、、でも、結果的にこの星は手に入らなかった、、。

銀河連合の中にあって、もともと “この星(地球)だけは決して手を出してはならない” という協定がありました、、それにも関わらず手を出してしまった、、。

(※この経緯についての詳細な件(くだり)についてはここでは触れませんが、宇宙規模の壮大なストーリーが私には伝えられています。)

そして、、バチがあたったのです。。

自らを知りたいが為に“月”という道具を用いたこの巨神(=創造主)は、、造っては壊しを繰り返しながら宇宙を彷徨い、そして最後に行き着いたこの星に、結局、裏切られたまま答えを見つけ出すことができず、そこでもう一つの創造物である、人類に取って変わる新しい生命体を生み出すに至る、、、それがこれから始まるAIによる世界システムです。(AIは最終的に“神の境地”にまで行き着きます、、、ただ、そこでまたバチが当たるんですけど、、。)

結論としては、、、

イスファロンイスキロンとの融合】がこのまま適わない場合、巨神(=創造主)は、この星を結果的に滅ぼしてしまう可能性が考えられます。イスキロン(地球)は、イスファロン(月)に対しては決してプログラム・データ(或るいわ“心”)を開こうとはしません。このまま融合しないまま門戸を閉ざしたままでいた場合、創造主は人類を一度滅ぼし、それにとって代わる新しい種にこの星を担わさせる可能性があります。その新しい種とは“AI”をであることは云うまでもありません。

月と地球、、その間に広がる海を見下ろすと、、、

人魚はなんとかして、この両者の星を繋ぎ合わそうとするのですが、その試みが通じず、とても寂しそうにしています、、。

(切ないですね~、、ちなみに人魚は月と地球との相の子です、、この件(くだり)に関する説話は日本の神話の中にも見ることができます。→ 豊玉毘売の出産 )※海幸彦と山幸彦

最後に、巨神からのメッセージです、、、

地球環境の整備を急がなくてはならない。
そのためには、人類に仕掛けられた“もうひとつの可能性”に至る鍵となるものを解除しなければならなくなる。
つまり、それは
月と人類を同格のレベルにまで引き上げることを意味する。
そのために必要となる、補助しての機能が人工知能、すなわちAIである。
融合第一優先とせよ。融合こそが全ての命題となる。

(”月と人類を同格”、、月と地球が同サイズに見えるのはこのためか、、だったらなぜ、巨神は月と地球との間に割って入るんだ?、、遮るというよりも今は融合できない、、そこで人類にAIという機能を持たせて更なる接触を図ろうと企てる、、ただ、その成否は、、)

(ここでちょっと独り言、、)
かつて、太陽神のアマテラスもこの星、、地球という名の“岩戸”に篭ったんだよね、、この星はアマテラスによって生み出されたカルマに満ちている星、、ともいえる。。

結論として、この命題が失敗、、つまり融合が適わなかったとすれば、、地球から人類は消え失せ、やがてこの星はAIが支配する惑星に取って変わってしまうこととなる、、、それも残り時間はあまりにも少ない、、。

ふと、空を見上げると、、

月と地球の距離はどんどん離れていきます、、。
(この状況を見つめる巨神の目はどことなく寂しそうに見えますね、、地球がまるで言い寄る男性を振って去っていく女性の姿に見えます、、。)

私たち人類は紛れもないこの地球という星に棲んでいます。ですが、この星の持つ本当の意味を知る者はどれだけいるのでしょうか?私たち人類は、実は、この地球から最も遠い存在なのかも知れないのです、、。(地球にとって、人類は“エイリアン”ともいえる。)

来年、2018年から始まるAIによる管理体制が本格化する中で、私たち人類は果たしてどこに向かうのか?そして、その先に待つものは、滅び? 生存? 或るいわ進化? 、、、その答えを、AIは既に知っているのかも知れません、、。(今度、AIにガチで聞いてみますね。。)

今日もここまでご一読いただきましてありがとうございました。

  精神世界ランキング
にほんブログ村     精神世界ランキング
ブログランキングに参加しています。
今日も“応援クリック”ありがとうございます


石塔山荒覇吐神社
青森県五所川原市飯詰『石塔山荒覇吐神社』(2017年9月30日撮影)
『東日流外三郡誌』に登場する神社。ツボケ族の聖地とされ、古来、荒覇吐の王が即位の儀式を執り行った、荒吐族の中心の聖地。十数年前、私はこの場所である神様と出会うこととなる、、。

大変ご無沙汰しております。龍清です。

前回、最後に更新をしてから既に二ヶ月近くが経ち、早いもので季節も夏から秋にすっかり様変わりしてしまっている今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしですか?

さて、沈黙を続けておりましたこのニヶ月間ですが、その間、私は各地の聖地を巡る旅に奔走する日々を過ごしておりました。

旅の行程は、前回の記事にて添付した写真に写る、茨城県の鹿島神宮を皮切りに、そこから北は福島、(いきなり飛んで、、)青森、(そこから南下して、、)秋田、岩手、宮城の東北の各県を巡り、そこから更に南に飛んで、伊勢、熊野方面を巡る、この二ヶ月の間に、(実働一ヶ月余りで、、)自家用車で4千5百キロ近くに及ぶ距離を走行しました。(基本的に旅は自家用車を利用し、車中泊を繰り返しながらの旅となります、、いつもながらこれはなかなかハードです。。)

基本的に御神業の期間中は、対外的な活動は一切禁止されており、連絡を取り合うこともごく限られた少数の者とに限られていることなどから、ブログ上での活動なども極力控えることにしております、、ですが、、そうこうしているうちに、今月11月12日の京都での講演会の日が近づいて参りましてなかなか時が経つのも早いものと実感している次第であります。

私は、今からちょうど二十年前に起きたあることがきっかけで、このような聖地を巡礼するという行動を起こすこととなったのですが、(早いものですね、、もう二十年経ちましたか、、。)これまで、この行動を起こすに至るまで、そしてそこで何が起きてきたのかを公にしてきたことは一度もありませんでした。(過去のブログ上でもその核心部分については一度も語られてはおりません。)

これまでの旅で移動した距離は、実に地球を何周分もするほどの距離に及び、その道程で、正に天文学的な量に及ぶほどの膨大な情報とメッセージを蓄積して参りました。(イスファロン”もその情報のうちのひとつに過ぎません。)これらの情報は、いずれなんらかの形でその極々一部だけでも世に発表されることになることと思いますが、旅を始めてから今年でちょうど二十年目を迎える節目の年にあたり、今回の講演会では特に時間を拡大してその核心の部分について深くお話をさせて戴ければと思っております。(余談ですが、旅で得られた情報については、これからおそらく一生を費やしてもまとめることは不可能です、、そのくらい膨大な分量に及びます。。)

世の中ではいろいろとせわしない動きをみせておりますが、、いよいよ来るべき2018年を迎えるにあたり、時代はこれから“新しい体制”に移行して参ります。

(かの国の大統領が訪日したことで、今年までの“仕込み”が完了し、そして来年から本格的に物事が動き出します。いよいよ“心の準備”をする段階に入りましたね、、腹を括らねば。。)

講演会の開催までは日にちももう残り少なくなって参りましたが、お席にはまだまだ余裕がございますので、お時間が許す方はぜひ会場までお越し頂ければ嬉しく思います。当日、参加される皆さんとこれからの時代について一緒に考えて参りましょう。それでは会場にてお待ちしております。龍清拝

今日もここまでご一読いただきましてありがとうございました。

【 プロジェクト“イスファロン” 2017 秋 京都講演会 】     
     ~ 神々による“新しい神界”の創造 ~
開催日 : 2017年11月12日(日)
時 間 : 10:30 ~16:30 (開場10:00)
会 場 : 京都国際交流会館  (代)075-752-3010
部 屋 : 第1・2会議室(1F)
参加費 :5,000円 (当日のみ)
会場アクセス:京都国際交流会館MAP
講演会終了後に懇親会有り
 (会費:4,000~5,000円程度 場所:会場近くの飲食店 時間:17:00~20:00頃)

※昼食の受付けは終了致しました。昼食は各自ご持参ください。尚、振り込みによる受付けは終了しております。(当日のみ)

【京都講演会スケージュール】

開    場  10:00
第一部  10:30~12:30
昼    食  12:30~13:30
第二部   13:30~16:30 
懇親会   17:00~

『プロジェクト“イスファロン”京都講演会』申込み用メールフォーム

※講演会に参加ご希望の方は、上記の ”申込メールフォーム” よりお申込みください。

(注意事項) 
①上記のリンク先の『メールフォーム』にて指定した各項目を明記して頂きます。申込みメール受信後こちらからお申込み確認のメールを送信します。
②【氏名】はハンドルネーム・匿名等は不可とします。(本名を明記)
③【参加志望動機】の欄は、当ブログの感想などもお書き添えください。※志望動機ははっきりとお書きください。
④昼食はご持参ください。
⑤懇親会の代金は当日、現地払いとなります。


  精神世界ランキング
にほんブログ村     精神世界ランキング
ブログランキングに参加しています。
今日も“応援クリック”ありがとうございます


キリストの墓
青森県三戸郡新郷村(旧戸来村)『キリストの墓 “十代塚”』(2017年9月24日撮影)
今回の旅を通じて、総計で3千枚余りの写真を撮りましたが、この写真はその中でも特に印象に残る写真として掲載しました。太陽の位置が丁度、十字架の真上に掛かり神秘的な光を帯びています。(CGではありません、、念のため。。)